.

遅刻魔は病気?そんな彼女や友達は社会人として失格!

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-N853_ayamarudanseitookorujyosei-thumb-1000xauto-14234

 

彼女や友達が遅刻魔だと、待ち合わせでしょっちゅう待たされてしまうので困りますよね。

 

あまりにも度重なると、病気かな?と思ったり、社会人として失格なのでは…と感じることも。

 

本人も悩んでいることが多い遅刻魔。

 

なぜ、分かっているのに遅刻を繰り返してしまうのでしょうか。

 

遅刻魔と上手に付き合っていくには、どのようにしたら良いのでしょう。

 

スポンサーリンク
 

遅刻魔は病気?

 

何度注意しても遅刻が治らない遅刻魔を相手にしていると、

 

「病気じゃないの?」

 

と思ってしまうこともありますよね。

 

実際、遅刻魔であることを長年悩んでいた男性が、「慢性遅刻症候群」という脳の病気であると診断された事例もあります。

 

これは、脳の一部の機能に問題があり、時間の経過を正確に把握できない症状が出るというもの。

 

2時間も経っているのに15分程度にしか感じなかったりするそうで、これでは遅刻するのも道理ですよね。

 

また、ある時期から急激に遅刻が増えたという場合には、鬱などメンタル面で病んでいる可能性もありますよ。

 

そういった場合には、遅刻を怒ったり注意したりすると、逆効果になるので要注意です。

 

このように、遅刻魔は本当に病気が原因となっているケースもあります。

 

…が、それはあくまで、ごく一部のこと。

 

大部分は、時間にルーズなために遅刻を繰り返してしまう、困った人です。

 

そんなだらしない遅刻魔には、どのうように対処するべきなのでしょう。

 

スポンサーリンク

遅刻魔との付き合い方

 

時間にルーズで遅刻してしまう遅刻魔は、なかなか治すことができません。

 

本人が本気で治したいと思わない限りは、「そういう人」だと思って付き合っていくしかないでしょう。

 

しかし、毎回待たされてばかりでは、ストレスも溜まるし付き合いきれないと思いますよね。

 

ですから、相手が遅刻魔だとはっきり分かっている場合には、「待つのは◯◯分まで」など、予めルールを決めておくと良いでしょう。

 

そうすれば、いつ来るか分からない相手を延々待たなくても良いですし、相手にも「時間を守らないといけない」という危機意識が生まれてきます。

 

危機意識を持ってもらうのは大切なことで、そもそも遅刻魔の人というのは、楽観的な思考回路であることが多いのです。

 

「うまくいく」ことを前提に予定を立ててしまうので、少しでも不測の事態が起きてしまうと、予定がずれこんで遅刻してしまうというわけなのです。

 

同じように人間関係においても、「このぐらいの遅刻は許してくれる」「前回大丈夫だったから、

 

今回も大目に見てもらえるだろう」といった楽観的な考えで、遅刻を繰り返している可能性は大いにあります。

 

仕事の場面では時間を守れるのに、プライベートでは守れないという遅刻魔などは、その典型ですね。

 

本人に自覚がなくても、友人や恋人を軽んじていると言わざるを得ないでしょう。

 

そういった相手に対しては、「遅刻は良くないよ」と、正面からきちんと非難することも有効でしょう。

 

また、「今度遅刻したら、ご飯おごってもらうからね」と、罰則を設けるのも一つの方法。
「待たせてはいけない人」と思わせることができれば、遅刻は減っていくはずですよ。

 

遅刻魔はなかなか治らないので、付き合っていくのが大変ですね。

 

社会人として失格とも言われる遅刻魔は、まれに病気が隠れているケースもありますが、ほとんどの場合は時間にルーズというだけのこと。

 

予めルールを決めるなどして、お互いにストレスを溜めない付き合い方を考えましょう。

 

関連記事

会社を無断欠勤してしまった時の言い訳

寝坊して会社に遅刻した時の謝り方

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す