.

ココナッツオイルの効能や副作用や利用方法まとめ

2015-05-30_202600

 

ココナッツオイルが健康や美容に優れた効能があると、話題になっていますよね。

 

モデルのミランダ・カーさんが愛用していることでブームに火がつき、テレビなどでも取り上げられて、スーパーでも売り切れが出るぐらいです。

 

これほどの人気を誇るココナッツオイル、その効能とは一体どんなものなのでしょうか。

 

具体的な利用方法や、副作用についても調べてみました。

 

ココナッツオイルの効能

2015-05-30_203740

 

ココナッツオイルには、いろいろと素晴らしい効能があるんですよね。

 

主な効能について見ていきましょう。

 

・ダイエットになる!

 

油なのにダイエット?と思うかもしれませんが、ココナッツオイルに多く含まれる中鎖脂肪酸は燃焼が非常に早く、体内に蓄積されません。

 

それどころか、代謝を上げて脂肪を燃焼してくれるんです。

 

普段使っている油をココナッツオイルに変えるだけで、ダイエット効果が期待できるというわけで、肥満に悩む方にとってはこんな嬉しいアイテムはありませんよね。

 

しかも、ココナッツオイルは適正な体重になるよう調整をしてくれるので、痩せすぎの人が摂取すれば、栄養を補って体重を増やす効果があります。

 

ココナッツオイルを愛飲すれば、体重の増減に悩むこともなくなりそうですね!

 

・美容に良い!

 

ココナッツオイルには、ビタミンEが豊富に含まれています。

 

これだけで、美容やアンチエイジングに詳しい方は、ピンときたことでしょう。

 

そう、ビタミンEには、抗酸化作用があるんですよね。

 

抗酸化作用とは、文字通り酸化を防ぐ効果のこと。

 

酸化って、人間の体で言えば、老化するということなんです。

 

つまり、ココナッツオイルを摂取すると、老化を防ぐことができるというわけ。

 

天然のアンチエイジング効果で、お肌がスベスベになりますよ。

 

・アルツハイマー病の予防になる!

 

美容だけでなく、健康面でも評価の高いココナッツオイル。

 

特に、アルツハイマー病の予防や改善に、大きな効果があると実証されています。

 

アルツハイマー病は、脳がブドウ糖をエネルギーに変換できず、栄養不足になることによって起こります。

 

そこで、もう一つの栄養成分である「ケトン」を補給する必要が出てきます。

 

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は、ケトンの生産効率を高めてくれます。

 

そのため、ココナッツオイルを摂ると、脳に効率良くケトンを供給できるんですよね。

 

脳の栄養不足を補うことで、アルツハイマー病の予防や改善に役立つわけです。

 

実際、ココナッツオイルを取り入れることにより、症状が改善した例が多数あります。

 

ココナッツオイルはほかにも、動脈硬化やがんの予防など、様々な疾患に効能が期待できます。

 

本当にありがたい食品ですよね!

 

ココナッツオイルの利用方法

 

美容や健康に良いココナッツオイルですが、具体的に、どんな使い方をしたら良いのでしょうか?
簡単な利用方法を紹介します。

 

ココナッツオイルの摂取量は、目安として1日に大さじ2杯程度。

 

ブームの火付け役となったミランダ・カーさんの場合は、毎日大さじ4杯摂るそうですよ。

 

摂取する方法としては、ドレッシングに入れたり、野菜や肉を調理する時に利用したりと、普通の食用油の代わりとして使う方法がまず一つ。

 

ほかには、オリーブオイルなどと同じように、パンに塗って食べるという方法もありますよ。

 

また、コーヒーや紅茶に入れて飲んでもOK。

 

ミランダ・カーさんも、緑茶に入れて飲むんだそうです。

 

これだと一度にたくさん摂れますし、量の調節もしやすいですね。

 

ココナッツオイルの副作用

 

さて、そんな万能なココナッツオイルですが、少し注意するべき点もあります。

 

と言うのも、ココナッツオイルには非常に稀ではありますが、アレルギーを示す人もいるんですよね。

 

ココナッツオイルにアレルギーがある場合、摂取すると、下痢をしたり湿疹が出るなどの症状が見られます。

 

初めてココナッツオイルを摂取するという人は、少量ずつ試したほうが良いでしょう。

 

万が一アレルギー症状が出た場合には、残念ですが、ココナッツオイルの摂取は控えたほうが無難です。

 

ただし、摂取し始めた最初の頃は、好転反応としてめまいや頭痛、食欲不振、下痢などの症状が出ることもあります。

 

好転反応とは、体が毒素を排出している証拠なのです。

 

ココナッツオイルは解毒作用があるため、一時的にこうした好転反応が見られる場合もあるんですよね。

 

その場合、症状がおさまれば健康な体になれるのですから、摂取量を少なくしながら様子を見ると良いですよ。

 

このように、ココナッツオイルには気をつけなければいけないこともありますが、基本的には副作用などはありません。

 

ココナッツオイルの半分を占める成分、ラウリン酸は、母乳の主成分でもありますからね。
誰でも安心して摂取できる、安全な食品なんです。

 

特に、ヴァージンココナッツオイルについては、オイルの抽出にも化学溶剤を用いていない、天然のオイルですから安心ですよ。

 

体に良い中鎖脂肪酸やビタミンEを豊富に含み、健康にも美容にも絶大な効能を示してくれるココナッツオイル。

 

モデルのミランダ・カーさんも愛用しているということで、注目度が俄然アップしています。

 

アルツハイマー病の予防・改善にもつながるということですから、家族全員で摂取するのもおすすめですよ。

 

ココナッツオイルは、基本的には副作用もなく、利用方法も簡単ですから、すぐに始められます。

 

ただし、稀にアレルギーや好転反応が出る場合もありますから、最初は摂取量を少なめにして試すようにしてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す