.

熱中症で頭痛が治らない時の治し方や対処方法

2015-05-04_191047

 

熱中症が心配な季節になってきました。

 

めまいや吐き気、時には頭痛も引き起こすことのある熱中症。油断していると、命に関わる危険もあるので、早急な対処が必要ですよ。

 

ここでは、熱中症の症状の中でも、特に頭痛が治らない時の治し方や対処方法を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク
 

熱中症でどうして頭が痛くなる?

2015-07-14_110335

 

熱中症がなぜ頭痛を引き起こしてしまうのかというと、その原因は脱水症状なんです。

 

気温が高く、湿度も高い状態は体の熱が逃げにくく、汗も蒸発しにくいので、どんどん体に熱がこもってしまいます。

 

その状態が長く続くと、体の水分が少なくなって自律神経が乱れ、脱水症状が起こります。

 

運動した時など、汗が出たり喉が渇いたりしますよね。これって、実は脱水症状の初期段階なんです。

 

ここでしっかり水分補給しておけば良いのですが、我慢して水分を摂らずにいると、頭がピリピリしてきます。

 

自律神経が乱れて、脳の血液の流れをコントロールできなくなっている証拠です。放っておくと、激しい頭痛につながりますよ。

 

そうなってしまうと、水分を摂るだけでは治らないので、根本の熱中症を治す対処をしなくてはいけません。

 

熱中症による頭痛の治し方

a0002_006359

 

頭痛というと、バファリンやロキソニンなど、市販の頭痛薬で治すという人も多いですよね。

 

熱中症で起こる頭痛の場合も、一時的に症状を和らげるだけなら、効果があるかもしれません。しかし、根本的な解決にはならないですよ。

 

頭痛が起きているということは、熱中症が中度まで進んでいるということなんです。早く処置をしないと、重度になれば過呼吸やショック症状、意識障害を引き起こし、最悪の場合は命に関わる危険があります。

 

熱中症を治すには、体温を下げて、水分とミネラルを補給することが大切。エアコンの効いた涼しい部屋で、衣服を緩めて安静にするようにしてくださいね。

 

首回りや脇の下に冷たいタオルや氷のうを当てると、早く体を冷やすことができますよ。そうやって体温を下げながら、しっかりと水分補給をしましょう。

 

やはり水分補給が大事

a1180_013128

 

水分補給には、スポーツドリンクがおすすめです。

 

水分とミネラルを、同時に摂取することができますよ。熱中症で頭痛が治らない時は、大もとである熱中症を治さないことにはおさまりません。

 

まず体温を下げること、そして水分を補給することを心がけ、早急に対処しましょう。熱中症は、炎天下でなくても、部屋の中にいても起こります。

 

温度と湿度が高いことや、水分不足が原因ですから、予防のためには風通しを良くして、こまめに水分を摂るようにしてくださいね。

 

暑い日は、我慢せずに冷房をかけ、体温が上がり過ぎないように気をつけましょう。

 

関連記事

 

スポンサーリンク

コメントを残す