.

梅雨(つゆ、ばいう)とは何か?語源や子供に簡単に伝えるには?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-01-PAK78_amenosibuya20141220150640500-thumb-1000xauto-5900

 

梅雨って何か、改めて聞かれると、なかなか答えられなかったりしませんか?

 

雨続きでジメジメする梅雨は憂鬱ですが、だからこそ語源や意味を知っておきたいものですね。

 

子供にも簡単に伝えられる、梅雨の知識をまとめてみました。

 

スポンサーリンク
 

梅雨の語源

 

梅雨は「つゆ」とも「ばいう」とも読みますが、そもそもなぜ梅の字が付くのか、不思議ですよね。

 

これには、梅の実が熟す時期と雨の時期が重なるためという説や、もともとは雨でカビが生えやすくなることから「黴雨(ばいう)」と呼ばれていたのが、語感が悪いため「梅雨」としたなど、諸説あります。

 

中国から日本に伝わって「つゆ」と呼ばれるようになったのは、「露」にかけているとの説が有力ですが、梅の実が熟して潰れる時期だという意味で「潰ゆ」から来ているという説もあり、はっきりとは分かっていません。

 

梅雨の語源って、意外と分からないことが多いんですね。

 

でも、梅の字が使われていることにも、ちゃんと意味があるわけですね。

 

梅雨の仕組み

 

さて、梅雨はなぜ雨が降るのか、そこが一番気になりますよね。

 

子供にも分かりやすく、簡単に説明しましょう。

 

梅雨は、6月から7月中旬にかけて降る長雨のこと。

 

梅雨前線と呼ばれる停滞前線が原因となって雨が降ります。

 

この時期、冷たくて湿ったオホーツク海気団と、暑くて湿った太平洋気団が日本列島のちょうど真上でぶつかり合います。

 

そうして出来上がるのが、梅雨前線。

 

まさに、気団と気団が勢力争いをしているようなものですね。

 

前線の近くは、雨や雪が多くなります。

 

暖気と寒気がぶつかり合うことで上昇気流が生まれ、上昇した空気が冷やされて、空気に含まれていた水蒸気が雨となって降るのです。

 

気団同士の勢力争いが続く間は、梅雨前線が出来て上昇気流が発生するため、雨が続くというわけですね。

 

そして、やがて太平洋気団が勝利を収めると、暑い夏が訪れるのです。

 

スポンサーリンク

梅雨の季節は要注意!

 

梅雨の間はカビやばい菌が繁殖しやすく、食中毒などの危険も高くなります。

 

食品が傷みやすい時期なので、作り置きなどはなるべく避けて、早め早めに食べ切りましょう。

 

また、気温の差が激しいので体温調節が難しく、体調を崩しやすい時期でもあります。

 

上着を用意するなど、体調管理に気をつけましょう。

 

気圧の変化で関節痛を起こしたり、雨のため引きこもりがちになって、だるさや疲労感を感じたりすることもある梅雨の季節。

 

そういう時こそ規則正しい生活を心がけ、面倒がらずに軽い運動で体を動かして、健康的に過ごしましょう。

 

動かないでいると、余計に疲労感が溜まるので、心身ともに良くないですよ。

 

雨で鬱陶しい梅雨の季節、過ごし方に工夫して、うまく乗り切っていきましょう。

 

梅雨の語源や仕組みなど、知ってみると面白いこともありますね。

 

簡単な言葉で伝えられますから、子供にも教えてあげてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す