.

若禿げ(若ハゲ)にならない為の予防や対策や食事!

2015-06-15_111909

 

若禿げ(若ハゲ)にならない為に、どんな予防対策が有効でしょうか。

 

生活習慣や食事、ヘアケアなど、様々な観点から若ハゲの予防に効果的な対策方法を調べてみました。

 

■若禿げにならない為の生活習慣

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-HOTE86_oyasumitimeotoko15234435-thumb-1000xauto-14683

 

若禿げを防ぎたいなら、早く寝ましょう。

 

よく、美肌を作るゴールデンタイムは夜10時から深夜2時まで、なんて言われていますが、これは髪にとっても同様なんです。

 

成長ホルモンの働きが活発になるこの時間帯に、しっかり睡眠を取ることで、髪の成長を促すことができますよ。

 

実際、深夜2時まで起きていたという人が、10時に寝るようにしたら若禿げが改善したという例があります。

 

適度な運動をすることも、髪に良い影響を与えます。

 

特に有酸素運動は効果的です。

 

汗と一緒に毒素が出るので、新陳代謝が良くなり、健康な頭皮を作ることができますよ。

 

早寝早起きに、軽い有酸素運動。

 

健康に良いことは、髪にも良いということですね。

 

スポンサーリンク

■若禿げにならない為の食事

 

若禿げを食い止めるのに、効果的な食品って何なのでしょうか?

 

ワカメなどの海藻類は、髪に良いというイメージですよね。

 

確かに、海藻類には髪を作るミネラルが含まれますが、意外と若禿げ予防の効果は薄いんですよ。

 

それよりもオススメしたいのは、ちりめんじゃこと納豆です。

 

ちりめんじゃこには、髪に大切なコラーゲンとカルシウムがたっぷりと含まれてます。

 

1日に22g食べるだけで、髪が太くなると言われるほどです。

 

ただ、塩分が高いので、食べ過ぎには注意してくださいね。

 

納豆は、髪に良い成分の亜鉛やタンパク質を豊富に含み、ハゲ予防に大変効果の高い食品。

 

また、女性ホルモンと同じ働きをするイソフラボンも多く含まれています。

 

若禿げの原因のひとつに、男性ホルモンが強いことが挙げられますが、イソフラボンはこれを抑制してくれますよ。

 

■若禿げにならない為のヘアケア

 

若禿げを予防するには、頭皮マッサージも効果があります。

 

シャンプーの時に、一緒にすると良いですよ。

 

まずはシャワーで、髪の流れをざっと落としてから行いましょう。

 

シャンプーで髪を泡立て、額の生え際から側頭部、頭頂部へと、頭皮を指の腹で押さえるように揉んでいきます。

 

頭皮を指で掴むようなイメージですね。

 

10本の指を全部使って、頭全体をゆっくりとマッサージしましょう。

 

終わったら、髪をしっかりと乾かします。

 

ドライヤーって髪に良くないと思うかもしれませんが、乾かさずにいるほうが髪が傷んだり、菌が増殖する原因にもなりますよ。

 

髪はきちんと乾かしてから寝るようにしてくださいね。

 

若禿げの予防対策、簡単で今すぐ始められることばかりです。

 

ぜひ試してみてくださいね!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す