.

デート代を割り勘にする男は嫌い?女性の本音

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-BL004-cofeewowatasubucyou20140810-thumb-1000xauto-17772

 

デート代を割り勘にする男性って、女性から見るとどうなんでしょう。

 

やっぱり、おごってもらえる方が良いのでしょうか。

 

それとも、おごられるのは気を使遣うので、割り勘のほうが良いという女性もいるのでしょうか。

 

デート代の割り勘に対する女性の心理や本音について、見ていきましょう。

 

おごってもらいたい?おごられたくない?女性の本音

 

単純に考えれば、やっぱりおごってもらいたいというのが本音なのかなと思いますよね。

 

実際、女性の中でも、おごってもらえたら嬉しいという人が多数派なんです。

 

これは経済的に助かるということよりも、「相手の好意を感じられるから」「一緒にいる時間が楽しかったという証」という声が多いうようです。

 

つまり、おごってくれるという事実を通して、愛情を受け取っているという感覚ですね。

 

反対に、おごられるのが嫌だという女性の心理は、「借りを作りたくない」というもの。

 

おごってもらって、そのあとにもし告白でもされたら断りづらいとか、付き合っているわけでもないのにおごられるのは気がひける…というわけなんです。

 

女性だって働いて自立しているのに、男性におごってもらうのはおかしい、と考える女性もいます。

 

このように、デート代の割り勘については、人によって本当に考え方が違うんですよね。

 

「デート代は男性が払うのが当然」と思っていても、相手の女性によっては、おごることがかえって相手の負担になってしまうかもしれません。

 

これについては考え方が人それぞれで、予測すると言っても難しいので、その場その場で対応していくしかないんですよね。

 

あなたが誘った女性が、おごってほしいのか、おごられたくないと思っているのか…

 

それは、会計の時になってみないと分からないんです。

 

男はどうするべき?デート代の支払いのホント

 

では、男性のスタンスとしては、デート代の支払いについてどうあるべきなのでしょう。

 

基本的には、やはり男性が「おごる」ことを想定して、そのための準備はしておいたほうが良いでしょう。

 

何だかんだ言っても、「おごってくれたら嬉しい」と考える女性が多数派ですし、仮に相手がそう考えなかったとしても、おごろうとすること自体はマイナスポイントにはならないはずです。

 

しかし、もし相手が「割り勘にしましょう」と強く言ってきたとしたら、あまり頑なにおごろうとするのも考えものです。

 

「今日は僕におごらせて」と言ってみても良いですが、それでも相手が引き下がらなければ、素直に割り勘に応じたほうが良いかもしれません。

 

レジの前で問答するのも体裁が良くないですし、先ほど述べたように、おごられたくないのにも理由があります。

 

その場に応じて、相手の意見も尊重して判断しましょう。

 

デート代の割り勘、女性の本音はいろいろあって、一概にこうということは言えません。

 

ただ、割り勘が嫌いな女性ばかりではないので、相手の反応を見ながら対応するようにしてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す