.

成人式に行きたい? 行きたくない?それぞれの理由

a0027_000258

 

成人式は一生に一回のことですが、正直面倒…と言う人も意外に少なくないものです。

 

出席は義務ではないので、成人式に行くか行かないかは本人次第。

 

そこで、行きたい理由、行きたくない理由、それぞれの立場で考えてみました。

 

成人式に行きたい理由

 

成人式に行きたい派の意見としては、やっぱり「懐かしい友人に会える」というのが最も多いのではないでしょうか。

 

成人式は、疎遠になった小学校や中学、高校の同級生と出会える数少ないチャンスです。一度は連絡が途切れていても、再会して交流が復活し、そこから長い付き合いとなる可能性もありますからね。

 

社交的な人にとっては、成人式は貴重な出会いの場と言えるのでしょう。他には、「一生に一回のことだから」というのも大きな理由の一つです。

 

何事も経験、成人式は二十歳のその年にしか経験できないイベントですから、出席しておくべきという考え方です。また、女性の場合は「振り袖を着たいから」という人もいるでしょう。

 

綺麗に着飾った姿を見せるのは親孝行にもなりますし、写真は後々記念になるので、立派な理由になりますね。

 

成人式に行きたくない理由

 

さて、では成人式に行きたくない理由とは何でしょうか。

 

一番多い理由として挙げられるのは、「会いたい人がいない」でしょうね。

 

行きたい派と正に間逆なわけですが、小学校や中学、高校にあまり良い思い出がなかったり、連絡を取り合っている友人以外に、仲の良い人や再会したい相手がいないというケースです。

 

確かに、特別会いたいと思う人がいなければ、成人式に出るのは億劫になりそうですよね。

 

似た理由として、「一緒に行く人がいない」というのもあります。一緒に行けるような仲の良い友人が地元にいなかったり、友人が「行かない派」だという場合もありますね。

 

また、単純に「忙しい」と言う人もいるでしょう。既に就職をしている人は、仕事で都合がつかないケースも考えられます。

 

学生でも、資格試験やバイトなどで多忙な人は、成人式に行く時間がもったいないと感じてしまうかもしれません。

 

成人式に行くか、行かないか…後悔のない選択を

 

成人式に行きたい派、行きたくない派、それぞれに色んな理由がありますね。

 

最終的には本人が決めることではありますが、行くか行かないか迷っているなら、行ってみて判断するのも一つの方法です。

 

嫌ならすぐに帰ってくれば良いだけですし、行ってみたら案外楽しかったというケースもありますよ。

 

一生に一度の成人式、どうぞ後悔のない選択をしてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す