.

再生野菜を自宅で育てる方法を知れば野菜をもう買わなくても良い?

2015-07-17_112851
出典:http://blogs.yahoo.co.jp

 

菜園ビギナーさん必見!

 

簡単に始められる再生野菜の育て方を紹介♪

 

野菜の根っこのパワーを利用して、食費の節約に役立てちゃいましょう!

 

再生野菜とは?

a1020_000218

 

野菜の根っこの部分を捨てずに栽培し、そこから食べられる部分を再生した野菜の事を指します。

 

水に浸したり、プランターに植えて世話するだけで新しい葉を出す野菜の事。

 

もちろん再生した部分は食べられます♪

元手がかからない

a0002_011311

 

根の部分を使うので、種や苗を買う必要なし!水栽培なら土も不要です。綺麗な水だけで、家にある使わなくなったお皿やコップなどどんな容器でも栽培ができます。

庭が無くても栽培できる

a0002_008077

 

沢山収穫を求めるなら、プランターや庭などに直接野菜の根の部分を植えなきゃダメです。でも、水耕栽培なら庭はなくてもできちゃいます。

 

土づくり、虫が苦手な方にとって家庭菜園は嫌厭されがちですが、水耕栽培なら植えっぱなしでOKなので気軽に始められますね。

インテリアにも♪

2015-07-17_113347
出典:https://www.daiwaliving.co.jp

 

容器を少しこだわってみたりするだけで、インテリアとしても素敵です。緑があるだけでキッチンの窓辺が明るくなりますよ

基本の育て方

2015-07-17_113507
出典:http://umaiorenoyasai.blog.fc2.com

 

どんな野菜でも、基本は根の部分を残し、水をはったお皿やトレー、コップなどに入れて育てます。日光のあたる日当たりの良い窓際におくと育ちもよくなります。根っこやヘタの部分を少し余裕をもって残しましょう。

 

伸びてくる部分をちょっと残すが基本です。容器は綺麗なもので、水は薄くはるように。水は基本根っ子が浸る程度。水につかりすぎると腐りやすくなります。

 

人参、大根は切り口が水に浸る程度に。1日に1度水を換えて。夏場は特に水が腐りやすいので2回は水を換えましょう。冬場は寒ければ2、3日変えなくても大丈夫な場合もありますが新鮮な水が成功のもとです。毎日水は換えるよう心がけましょう!

収穫までは?

2015-07-17_113712
出典:http://sozaing.com/

 

早いもので1~2週間。長くて1か月以上かかるものもあります。気候によっても差がでてきますが、気長に成長を楽しんでみるのもいいですよ

ずばり!育てやすい野菜は??

2015-07-17_113853
出典:http://www.murakamifarm.com

 

育てやすさのトップは「豆苗」。そのほかにも育てやすいと言われているのが、ネギ、水菜、三つ葉、小松菜です。比較的、早く芽が出てるので、毎日成長を感じる事ができます

 

注意すべきこと

栽培中にカビが生えてしまったら思い切って捨ててくださいね。そして衛生的にも、念のため加熱して食べるようにしてください。

 

失敗しても元手ゼロなので何度でも気軽にチャレンジして再生野菜栽培プロを目指しちゃいましょ♪

 

関連記事

今話題騒然の『レシポ』は本当にお得?効率的で上手な利用方法!

やけどで跡が残ってしまった時に消す方法

すき焼きの具材の定番や関東と関西の違い

今年の冬至はいつなの?かぼちゃやゆずの由来や意味は?

 

スポンサーリンク

コメントを残す