.

義理チョコの意味や由来は?バレンタインデーの正しい戦略

C824_akabarentain500

 

義理チョコって、お付き合いで配る人が多いですよね。

 

そもそも、義理チョコの意味って何なんでしょうか。

 

義理チョコの由来や、義理チョコを渡す際の正しい戦略など、バレンタインを前に知っておきたい話題をまとめてみました。

 

義理チョコの意味や由来について

 

バレンタインに女性から男性へチョコレートを贈る―。

 

今では当たり前のように行われている
風習ですが、発端は1936年のこと。

 

洋菓子で有名なモロゾフが、
チョコレートの販売促進のために、
英字新聞に広告を出したことがきっかけでした。

 

その後、不二家や森永製菓が
バレンタインデーのイメージ戦略に乗り出し、
バレンタインデーを

 

「女性が想いを寄せる男性にチョコレートを贈る日」

 

として定着させたのです。

 

その中で、OLが職場の男性に渡す
チョコとして「義理チョコ」が登場しました。

 

本命チョコとは区別される
最大のポイントは、恋愛感情を
伴わない男性に贈るということ。

 

日ごろからお付き合いのある男性に、
感謝の気持ちをこめて渡すチョコなので、
いわばお中元やお歳暮のようなものですね。

 

「いつもありがとうございます」という、
ご挨拶の意味で渡すのが義理チョコなんです。

 

スポンサーリンク

義理チョコの正しい戦略

 

本命チョコとは一線を画す
義理チョコですが、だからと言って
決して疎かにしてはいけません。

 

恋愛感情抜きで贈る義理チョコこそ、
相手の迷惑にならないように、
マナーを守って渡すことを心がけましょう。

 

日ごろの感謝の気持ちが
伝えられたら良いのですから、
大きなものは避けて、
かさばらないように包装もシンプルに。

 

あまり派手にすると、持ち帰りに
困ってしまいますし、
「もしかしてこれって本命チョコ?」と、
あらぬ誤解を受けないとも限りませんよ。

 

また、ホワイトデーにお返しする際の
ことも考えて、価格も相手の負担に
ならない金額に抑えておきましょう。

 

職場で大勢に渡すような場合は、
なるべく同じものか、同程度の
金額のものにしてくださいね。

 

不公平にならないように気をつけるべし

 

義理チョコは公平性が大事ですから、
あげる人とあげない人がいるなんてもってのほか。

 
大きな会社なら、
「同じ部署の人全員に」など
分かりやすい範囲を決めて、
公平に配るようにすると良いですよ。

 

最後に、職場での義理チョコの注意点を一つ。

 

周りからはみ出さないように

 

ほかの女子社員、
特に先輩社員との兼ね合いを
よく考えて行動しましょう。

 

単独行動をすると、
ぬけがけだと誤解され、
後々気まずいことになって
しまうかもしれません。

 

みんなでお金を出し合って
贈る習慣があれば、
それに加わるのがベストです。

 

もしそういう習慣がなかったり、
分からない場合には、
先輩女子社員に相談しましょう。

 

義理チョコの意味や由来、
戦略について、参考になったでしょうか。

 

正しい義理チョコの渡し方をマスターして、
気持ちよくバレンタインを過ごしてくださいね!

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す