.

盲腸(虫垂炎)の初期症状(右下腹部の痛み)や原因

PAK85_lalaonakaitaidesu20140321500

 

盲腸(虫垂炎)は、お腹が痛くなる病気だということは一般的に知られています。

 

しかし、実際にどのような初期症状があるのか、痛みの原因は…ということになると、あまり知られていないのではないでしょうか。

 

盲腸(虫垂炎)は、かかったことがない人には、あまり縁がないように思われる病気かもしれません。しかし、実は15人に1人がかかると言うほど、頻度の高い病気なのです。

 

発症のピークは10代から20代ですが、どの年齢層にも見られます。男女差もなく、誰がいつかかってもおかしくはないのです。

 

盲腸(虫垂炎)の原因

 

盲腸(虫垂炎)は、早い段階で適切な処置をすれば、比較的治りやすい病気です。

 

初期症状や痛みの原因を知って、もしも盲腸(虫垂炎)になった場合に、早期発見できるように備えておきましょう。

 

盲腸(虫垂炎)とは、虫垂に細菌が感染して、炎症が起こる病気です。虫垂とは、盲腸の先にちょろっと突き出るように付いている臓器のこと。

 

昔は、虫垂炎の発見が遅れ、盲腸まで炎症が広がってしまうことが多かった為に「盲腸」や「盲腸炎」という通称で呼ばれることが一般的になりました。

 

細菌の感染によって起こる病気なので、予防法と言えるようなものは、今のところありません。ですが、早期に発見できれば盲腸(虫垂炎)は予後の良い病気です。

 

初期症状を知って、いざという時には早めに病院に受診しましょう。

 

盲腸(虫垂炎)の初期症状

 

急性の虫垂炎の場合、とくに前兆はなく、急に激しい腹痛に襲われます。

 

最初は、みぞおちから下腹部にかけて痛みがあり、だんだん右下腹部の方へ痛みが移動していきます。ただし、必ずしも典型的な症状が現れるとは限らないので、突然の激しい腹痛に襲われた場合には、一度虫垂炎を疑ってみた方が良いでしょう。

 

そのほかの症状としては、発熱、吐き気、嘔吐、下痢などがあります。

 

腹痛と同時にこのような症状が見られた場合は、虫垂炎の可能性が非常に高いと言えます。熱は、多くは37℃~38℃くらいの微熱ですが、39℃以上の高熱が出た場合、腹膜炎を併発していると考えられます。

 

盲腸(虫垂炎)は、発見が遅れて悪化すると、虫垂が破裂し、悪い菌がお腹全体に広まってしまいます。そうなると、腹膜炎を起こし、大変危険な状態になることがあります。

 

また、菌が血に混ざって全身に広がり、敗血症を併発すると、命の危険にさらされることもあるのです。

 

盲腸(虫垂炎)は、気付かずに放置してしまうと大変怖い病気です。命を脅かされる事態にまではならなくても、症状が進行するほど治療にも時間がかかってしまいます。

 

盲腸(虫垂炎)の疑いがあると思ったらまず病院へ

 

盲腸(虫垂炎)は早期発見、早期治療が第一です。

 

自然に良くなるということはない病気なので、少しでも疑いがある場合には、早めに医師の診察を受けるようにしてください。

 

関連記事

盲腸(虫垂炎)の治療方法(薬で散らすとは?)入院期間や治療費について

 

スポンサーリンク

コメントを残す