.

バレンタインに告白テクニック!大好きな彼を射止めるセリフ

2015-01-09_170957

 

バレンタインデーは、女性が意中の男性へ想いを伝える日。

 

本命の彼がいる方は、どんなセリフで告白しようか、あれこれ悩んでいるのではありませんか?

 

そんな迷える乙女のために、バレンタインデーに
告白するセリフの極意をお伝えしましょう。
いろいろなパターンがありますよ!

 

スポンサーリンク
 

あえて敬語で告白

 

友人同士だったり同級生が相手なら、
普段はタメ語で喋ってますよね?

 

告白の時には、あえて敬語で話してみてください。

 

「好きです。付き合ってください。」

 

「ずっと好きでした。彼女にしてください。」

 

…どうですか?

 

真剣な感じが伝わりやすいと思いませんか?

 

敬語で告白すると、それだけで改まった
雰囲気が出て、本気で告白していることが
相手にしっかり伝わるのです。

 

彼も、あなたの本気に真剣に
答えてくれると思いますよ!

 

あえて下手に出てみる

 

相手から一段下がって言うセリフです。

 

「好きになっても、いいですか?」

 

「○○君の彼女になりたいんだけど…ダメ?」

 

など、相手にお伺いを立てる感じです。

 

ちょっと戦略的ではありますが(笑)、
男性は優位に立たされると、
ついつい良い気分になってしまうもの。

 

しかも中身が告白の言葉ですから、
彼の目に映るあなたは、可愛さが
アップしていること間違いなしです。

 

思わず「いいよ!」と答えたくなる、
魔法のセリフなんですよ!

 

応用編として、バレンタイン前に
彼の反応を見ながら告白するセリフもあります。

 

「バレンタインに、チョコ渡したいんだけど…いいかな?」

 

というもの。

 

彼が嬉しそうだったら、「本命チョコだよ?」と
もう一押ししても良いですし、バレンタイン
当日に改めて告白するのもアリです。

 

もしも迷惑そうだったら…
少し切ないですが、「やだ~、義理チョコだから!」
とごまかすこともできますよ。

 

スポンサーリンク

あえて即断を求めない告白のセリフ

 

片思いの場合、ちょっとした隙を見て
告白しなければならないことも多いですよね。

 

バレンタインデーだからと、あなたは
気合い十分ですが、彼にしてみれば
思いがけない告白かもしれません。

 

そこで即断を迫られると、
彼もあなたのことをきちんと考える
余裕がなくなってしまうかも…。

 

特に避けたいのは、告白の場を
誰かに見られてしまうこと。

 

友人や家族が近くにいたら、
相手は恥ずかしさで断ってしまうかも!?

 

そんなケースを避けるためにも、
手紙を用意しておくのは良い方法です。

 

手紙なら、後でゆっくり
読んでもらえますし、
人目も気にしなくてすみますからね。

 

周りに気付かれないタイミングで、
素早くチョコを渡したら、

 

「中に手紙を入れたので、読んでください。」

 

と伝えておきましょう。

 

手紙の内容は、あなたの素直な
気持ちを綴ればOKですが、好きになった
きっかけを書いておくのはオススメです。

 

「こんなところ、見ててくれたんだ…」と、
喜んでくれる男性が多いですから。

 

そして最後は、

 

「今度、ゆっくり時間もらえたら嬉しいです。」

 

など、焦らずに返事を待っている
ことを添えておきましょう。

 

翌日から、彼のあなたを見る目が
違ってくるかもしれません!

 

バレンタインデーに告白するセリフ、
3パターン紹介しました。

 

ぜひ参考にしていただいて、
あなたの想いが彼に届くことを祈っていますよ!

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す