.

美味しいいぬか漬けで毎日健康!体内環境を整えよう!

a0002_011448

 

日本の伝統的な漬物の「ぬか漬け」 ぬか漬けには昔ながらの生活の知恵と健康効果があります。

 

毎日の生活に取り入れ、体内から健康な体をつくりましょう。

 

スポンサーリンク
 

ぬか床の歴史

a0002_011619

 

ぬか床がいつどこで最初に作られたかは、まだ解明されていません。白米の普及とともに江戸時代に広く漬けられるようになったと言われています。400年前より伝わるぬか床が福岡にあり、これが現存する最古のぬか床と言われています。

 

ぬか漬けの健康効果


(c) .foto project

 

ビタミンB類が豊富

ビタミンB類が不足すると、食欲不振やスタミナ不足で疲労しやすくなり、イライラしたりします。ぬか床の「ぬか」にはビタミンB類が多く含まれているので、ぬか漬けにすることで、ぬかの栄養素 が食材にしみこむ事になります。

 

たとえばきゅうりをぬか漬けにすると、ビタミンB1は漬ける前の 役5倍に増加します。ぬか漬けを食べてリフレッシュしましょう!

 

酵素の力

ぬか床は豊富な酵素も含んでいます。酵素は、新陳代謝を助け、老廃物の排出を促し、 体の消化を助ける働きがあり美容にも最適です。

 

乳酸菌の力

乳酸菌は腸の中で、悪玉菌を攻撃し、ビタミンを作り出します。ぬか床は野菜についていた乳酸菌や酵母が入って増殖し、発酵することで良い風味を醸し出します。 ですから、ぬか漬けを食べることは乳酸菌飲料を飲む事と同じ効果があります。

 

ぬか漬けを食べる事でおなかの調子も良くなり肌の調子もよくなります。 また、食物繊維を多く含む野菜を摂ることで便秘が改善されたり 善玉腸内細菌が増える効果もあります。他にも食物繊維には脂肪の分解やコレステロールの過剰を抑える働きがあるので ぬか漬けを食べておなかの中から綺麗になりましょう。

 

スポンサーリンク

ぬか床の作り方

 

ぬか漬けを一から始めるためには、米ぬかと塩と水を混ぜたぬか味噌に くず野菜などを繰り返しつけて乳酸発酵させる必要がありますし、 毎日かき混ぜる手間もかかります。

 

この毎日の作業が面倒でぬか漬け作りを諦めてしまった方も多いのではないでしょうか。しかし、今ではすぐ使える発酵済みのぬか味噌がスーパーなどでも売られていますし、 冷蔵庫で保管すれば毎日かき混ぜる必要もありません。

 

ただし、冷蔵庫で漬けておく場合は常温に比べて発酵に時間がかかります。 糠床の容器はタッパーなどで気軽に始められますし、密閉できる蓋があれば、 ぬか味噌の匂いが家の中に広がることもありません。

 

ぬか漬けのある生活をさっそく初めてみてはいかがでしょうか?

 

関連記事

再生野菜を自宅で育てる方法を知れば野菜をもう買わなくても良い?

マルラオイルの効果や効能や使い方について

子育てに疲れ果てた時のストレス解消方法は?

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す