.

家族にインフルエンザ罹患者がでたら感染確率が高いので隔離する

PAK75_ipaddoctor20141025131129500

 

インフルエンザが流行する時期、
家庭内では誰か1人がかかってしまうと、
次々に感染する確率が高いですよね。

 

家庭内でのインフルエンザの
感染を防ぐにはどうしたら良いか、
効果的な対策方法をまとめてみました。

 

インフルエンザ、発症したら隔離は必須!

 

まず、罹患者(インフルエンザにかかってしまった人)は隔離すること。

 

これ、必須です。

 

もちろん、トイレなどは仕方ありませんが、
なるべく罹患者を部屋から出させないようにし、
ほかの家族もむやみに隔離部屋へ出入りしないようにします。

 

罹患者は、咳やくしゃみによって常にウイルスを撒き散らしています。

 

飛沫感染を予防するためには、隔離することが第一なのです。

 

マスクを付ける

 

罹患者には、必ずマスクを付けさせてください。

 

これによって、ウイルスの飛散を抑えることができます。

 

ほかの家族は、隔離部屋に入る時は必ずマスクを着用し、
部屋を出たら外してそのまま捨ててください。

 

隔離部屋は「ウイルス汚染区域」です。

 

マスクの表面はウイルスで汚染されていますから、
付けたままほかの部屋へ移動したら、
ウイルスを持ち込んでしまうことになるのです。

 

ほかの部屋では、神経質に予防のマスクを付け
る必要はありませんが、もし付けた場合、
食事などで外した時には再装着しないように心がけてください。

 

マスクは、外したら捨てるのが基本です

 

再装着すると、マスクの表面から手やテーブルへ、
ウイルスが移る恐れがあるからです。

 

スポンサーリンク

手洗いをする

 

隔離部屋に出入りしたら、必ず手洗いをしましょう。

 

と言っても、洗面所などで手洗いすると、
移動する間にドアノブなどを汚染してしまう危険があります。

 

隔離部屋の外にアルコールの除菌スプレーなどを置いておき、
部屋から出てすぐに消毒することをおすすめします。

 

隔離部屋からウイルスを出さないことが重要ですから、
とにかく部屋から出たら「ウイルスに汚染されている」
と考えて、ほかの部屋へウイルスを持ち込まないように気をつけましょう。

 

ものを共用しない

 

食器やタオルなど、罹患者とほかの家族で
ものを共用するのはやめましょう。

 

トイレや洗面所などでは、家族で同じタオルを共用している
家庭も多いですが、感染の恐れがある期間、罹患者には
別のタオルを用意してください。

 

ウイルスが付着したものに家族が触れると、
そこから感染したり、ウイルスが広まる危険があります。

 

共用を避けるだけでなく、隔離部屋からものを
持ち出すときにも注意が必要です。

 

洗濯物はビニール袋に入れるなどして、
ほかの部屋へウイルスを撒き散らさないよう工夫しましょう。

 

まとめ

 

家庭内でのインフルエンザの感染確率を
下げる方法をご紹介しました。

 

もちろん、これだけで確実に感染が防げる
わけではありませんが、感染を最小限に
食い止めるために、必要なことばかりです。

 

家庭内では、小さな子どもやお年寄りなど、
免疫力の弱い方への感染が特に心配されるところです。

 

なるべく感染が広まらないよう、気をつけて対策しましょう。

 

関連記事

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す