.

光くしゃみ反射の原因や対処方法

ppp_haretahinokumototaiyou500

 

皆さんは光くしゃみ反射をご存知ですか?

 

太陽など、まぶしい光を見た時にくしゃみが出てしまう症状のことを言います。

 

この光くしゃみ反射を実は、けっこう持っている人が多いんですよ!

 

日本人の4人に1人は、光でくしゃみが出る!

 

ある調査で、日本人の25%が光くしゃみ反射を持っていることが分かっています。25%というと、4人に1人。けっこう多いですよね。

 

ただし、症状の強さには個人差があります。太陽のような強い光でないとくしゃみが出ないという人や、若い頃にはよく出たが、年を取るにつれ減ってきたという人も。

 

一方で、室内灯の弱い光にも反応してしまう人もいるのです。症状を持っている人のうち、日常的に光くしゃみ反射を自覚している人は、半分程度。

 

自覚がなくても、もしかしたらあなたも、光くしゃみ反射を持っているのかもしれません。

 

光くしゃみ反射はどうして起こる?

 

光くしゃみ反射の原因については、はっきりとしたことは分かっていません。

 

ただ、三叉神経が関係しているという説が有力視されています。三叉神経は、顔面の知覚を伝達します。

 

まぶしい光を見ると、目から入った光刺激が三叉神経に伝わります。この時、鼻から伸びている神経と交錯が起こり、「鼻がむずむずする」という間違った信号が送られて、

くしゃみを誘発するというわけです。

 

この体質は優性遺伝によって伝えられるので、家族に光くしゃみ反射の人がいる場合、光くしゃみ反射を持っている可能性は高くなります。

 

光くしゃみ反射の対処方法

 

光くしゃみ反射、ちょっと面白い現象ですよね。

 

「くしゃみが出にくくて困った時には、光を見るとスッキリできる!」と、
この反射をうまく利用している人も多いようです。

 

しかし、静かな時や緊張する場面では、光くしゃみ反射はちょっと厄介かもしれません。

 

大事な場面で、うっかりまぶしい光を見てしまったら…。そんな時にくしゃみを抑える対処方法があります。

 

とっても簡単なので、ぜひ試してみてください。

 

鼻と唇の間を強く押さえる

2015-01-27_102550

 

やり方は、くしゃみが出そうになった瞬間に、鼻と唇の間を強く押さえます。

 

たったこれだけで、くしゃみが抑えられますよ。ただし、なるべく早く押さえるのがコツです。

 

「ハッ、ハッ、ハッ・・・」

 

くらいまでいってしまうと、間に合わずに中途半端なくしゃみになってしまうかもしれません。「くしゃみが出そう」と思ったら、すぐに押さえてください。

 

日本人の4人に1人は持っているという、光くしゃみ反射の原因や対処方法をお伝えしました。

 

自覚がなかったけど、試しに光を見たらくしゃみが出た・・・なんていう人もいるかもしれませんね。

 

症状に困った時は、鼻の下を押さえて乗り切りましょう!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す