.

鼻血がよく出るのはストレスのせい?原因や対処方法

2015-01-28_142416
 

鼻血が出やすくて困るというあなた、原因はストレスかもしれません。

 

大人の鼻血には、ストレスや不眠など、精神性の原因が隠れている場合があるのです。

 

ストレスでビタミンCが不足して鼻血が起こる!?

 

ストレスで鼻血が起こる要因として、ビタミンCの不足が考えられます。

 

ストレスがかかると、アドレナリンという抗ストレスホルモンが分泌されてストレスに対抗しますが、このアドレナリンが大量にビタミンCを消費するのです。

 

ビタミンCは、皮膚や粘膜の強化に関わる、重要な栄養素。アドレナリンの分泌によってビタミンCが大量消費され、ビタミンC不足に陥ると、抹消毛細血管が破裂しやすくなってしまいます。

 

その結果、鼻血が出やすく、出血も止まりにくくなるというわけなんです。また、ストレスによって自律神経が不安定になると、血管が収縮しやすくなるため、鼻血の原因となるケースもあります。

 

ストレスは、鼻血を起こす大きな要因なのです。

 

ストレスによる鼻血の対処方法

 

鼻血の原因にストレスが関係していると思われる場合、やはりストレスを軽減するのが一番です。

 

と言っても、職場環境など、にわかには変えづらい要素も多いと思います。自分でできる範囲で、生活習慣を見直し、ストレスを和らげましょう。

 

睡眠不足はストレスを高めますから、夜はよく眠るように心がけてください。

 

夜更かしをせず、なるべく12時までに就寝しましょう。眠気がなくても、体を休めるだけでもリラックス効果があります。

 

寝る前にパソコンやテレビ、スマホを見ると、眠りが浅くなってしまいますので控えましょうね。ホットミルクで、体を温めてから眠るのも効果的です。

 

気分転換も大事

 

ストレス解消には、気分転換も大事です。

 

趣味を作り、仕事や家事から離れる時間を持つと、ストレスが軽減されます。

 

特にスポーツは、体を動かすこと自体がストレス解消になりますし、よく眠れるようになるのでオススメです。

 

気になる場合には病院

 

最後に、大人の鼻血にはストレスが関係していることが多いのですが、ほかの病気が原因となる場合もあります。

 

頻繁に鼻血が出たり、出血が長時間止まらないなど、気になる場合には病院を受診しましょう。

 

鼻血は、白血病などの重大な病気が原因となって起こる場合もありますよ。たかが鼻血と油断せず、慎重に判断してください。

 

まとめ

 

・夜はよく眠るように心がける

・ホットミルクで、体を温めてから眠る

・適度に運動をするようにする

大人の鼻血の原因、ストレスやその対処方法についてお伝えしました。

 

鼻血が出やすいという方は、生活環境や習慣の見直しが必要かもしれません。

 

こちらの記事を参考に、ぜひ改善を検討してみてください。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す