.

クラッシャー上司とは?対策や上手な付き合いの仕方

OZPA_5mukachakkainferu500

 

あなたはクラッシャー上司という言葉を聞いたことがありますか?クラッシャー上司とは、部下を「クラッシュ」=「潰す」上司のこと。

 

そんな上司に当たってしまったら・・・たまったものではないですよね!明日は我が身。他人事だと思っていても、クラッシャー上司がいつあなたの前に現れるか、分かりませんよ。

 

いざという時のために、クラッシャー上司に有効な対策や、上手な付き合い方をご紹介します。

 

クラッシャー上司の特徴

 

対策の前に、まずはクラッシャー上司とはどういうものか、確認しておきましょう。

 

クラッシャー上司がよく起こす行動には、次のようなものがあります。

・暴言を吐く

・つまらないミスをネチネチ責める

・無視する

・部下を教育しない

・部下に責任を擦り付ける

などなど、まるでいじめっ子のようですが、これを特定の部下に対して行うわけです。挙句、うつ病になるまで精神的に追い詰められてしまったり、退職に追い込まれるケースもあります。

 

本来、上司とは部下を育てるもののはずですが、クラッシャー上司は部下を育てるどころか、次々に潰していきます。企業側にとっては、不利益極まりない人物ですよね。

 

しかし、クラッシャー上司のもう一つの特徴として、優秀で仕事に対する能力が高いというものがあります。

 

会社にしてみれば、困った上司だけど仕事はできるから・・・というわけで、野放しになってしまうケースも少なくありません。

 

クラッシャー上司に潰されないためにはどうしたら良いか

 

クラッシャー上司に出会ったことがない、あるいは職場にいるけど標的にはなっていない・・・と言う方、安心はできません。

 

クラッシャー上司は、はっきり言ってどこにでもいます。ブラック企業だけに限った話ではありません。しかも、クラッシャー上司の標的は、突然変わったりするのです。

 

自分がクラッシャー上司の標的になってしまった時のために、そして、標的になっている人を助けるために、クラッシャー上司に対する対策を覚えておきましょう。

 

クラッシャー上司に対して最も有効な対策は、ズバリ…

 

「仲間を作ること」です。

 

先ほども「いじめっ子のよう」だと言いましたが、小学生のいじめと同じで、クラッシャー上司に責められても不当だと訴えられない人が多いんですよね。

 

自分の中で溜め込んでしまって、人に話したり、助けを求めることができないんです。もちろん、人に話すのは恥ずかしさもありますし、上司の悪口を言うようで気が引けるという面もあるでしょう。

 

しかし、そのままでは相手をどんどん増長させるだけです。同じ職場で仕事をしている仲間なら、状況には気付いているはず。

 

なるべく早く助けを求めて、味方を作るようにしましょう。また、職場で誰かがクラッシャー上司の標的にされていると気付いたら、声をかけたりしてサポートしてあげてください。

 

「大丈夫? 手伝おうか」とか、「また勝手なこと言われてたね」など、ちょっとした一言で案外救われるものですよ。大事なのは、被害者が「一人じゃない」と思える状況を作ること。

 

それだけでずい分気持ちが楽になりますし、クラッシャー上司にも雰囲気が伝わって責めにくくなり、攻撃が鎮静化することもありますよ。

 

スポンサーリンク

クラッシャー上司の言うことは、まともに聞いてはいけない

 

もう一つ、クラッシャー上司に責められた時に実践してほしいのは、「相手の言うことをまともに聞かない」ことです。

 

クラッシャー上司の標的にされやすく、また潰されやすい人というのは、得てして「相手が正しい」と思いがち。しかも相手は上司ですから、ミスを注意されたりすると、「自分が悪い」「もっと頑張らなきゃ」と、どんどん自分を責める方向に・・・。

 

そんなことじゃ、うつ病になってしまいます!

 

もちろん、ミスを反省することは大事です。きちんとした注意なら、ちゃんと受け止めて今後に生かすべきでしょう。

 

しかし、クラッシャー上司の場合、「注意」なんて言えるものではないんですよね。過去のことまで引き合いに出してネチネチと文句を言ったり、周囲が引くぐらいの暴言を吐いて萎縮させたり。

 

ろくな教育もしていないのに、新人のミスをあげつらってダメ人間呼ばわりしてみたり。まあ、「いじめ」です。なので、そんな言葉をまともに受け止める必要はありません。

 

クラッシャー上司の攻撃は一度始まると長いので、何か別のことでも考えながら、気が引くのを待ちましょう。こちらがびくびくしていると、攻撃はエスカレートするばかりです。

 

逆に恐がっていない態度を取ると、クラッシャー上司も怒鳴りがいがなく、早々に切り上げてくれる可能性大です。味方を作り、攻撃は受け流し、それでもダメなら・・・人事部なり、更に上の上司なり、会社の上層部へ訴えましょう。

 

自分の身を守るため、ひいては会社のためにもなることですから、遠慮は要りません。会社が対策に乗り出し、カウンセリングなどを施した結果、クラッシャー上司の態度が改善された実例もあります。

 

クラッシャー上司対策

・仲間を作って1人で悩まない

・人事部なり上司なり会社の上層部へ訴える

・会社のためなので遠慮はいらない

クラッシャー上司とはどんなものか、対策はどうしたら良いかをお伝えしました。

 

もしもクラッシャー上司に出会ったら…自分が標的になっていなくても、部下同士で一致団結して対応しましょう!

 

関連記事

 

スポンサーリンク

コメントを残す