.

会社の飲み会に行きたくない時の上手で自然な断り方

MIYAKO85_orionbeer20140725500

 

会社の飲み会は、お酒が苦手な人にとっては辛い時間かもしれません。

 

お酒は好きだけど、会社の人と飲むのはちょっと・・・という人も、けっこう多いですよね。職場の人は毎日顔を合わせる相手ですから、飲み会に行きたくないなと思っても断りづらいもの。

 

後にしこりを残さない、上手で自然な断り方ってあるんでしょうか?

 

会社の飲み会の断り方~ずっと誘ってほしくない人向き

 

飲み会の断り方には、いろいろあります。

 

まずは、飲み会自体が本当にイヤで、毎回行きたくないという人の場合。こういう人は、「飲み会には行かない」というキャラを確立してしまうことが大事です。

 

そうしないと、毎回断る口実を考えるのが大変ですし、相手も「誘わないのは失礼」と思って誘ってくるので、お互いに無駄な労力を使うことになります。

 

一番良いのは、その会社に入った最初の段階で、「飲み会に行きません」という態度を取り続けること。まあ、勇気は要りますが、後々のことを考えるとこれが最良の手段です。

 

理由は、お酒が苦手ならそれで十分ですし、「家族との時間を大事にしています」など、フワッとしててもOK。

 

最初からそういう態度なら、「そういう人なんだな」と相手も納得してくれます。でも、実際のところ、最初って歓迎会があったりするので、断るのは難しいですよね。

 

勇気出なかった!という人や、すでに何回も飲み会に参加してるけど、やっぱり毎回苦痛だという人は・・・資格試験に挑戦しましょう。あるいは、ダイエットでジムに通うとかでも良いです。

 

とにかく、「アフターファイブは忙しい」という状況を作ることです。そして、それを職場で宣言してください。

 

そうすると飲み会に誘いにくくなりますし、誘われても断りやすいですよね。

 

スポンサーリンク

会社の飲み会の断り方~誘われないのは寂しい人向き

 

さて、次は「飲み会には行きたくないけど、誘われないのは寂しい」とか、「たまには行きたい」という人向きの断り方です。

 

要するに、一時しのぎの断り方ですよね。「行きたいけど、今日はダメ!」「その日はムリなの~」というやつです。よくあるのが「仮病を使う」なんですが、うまい言い訳ですが毎回は使えないですよね?

 

それに、同じフロアで働いている相手だと、一日中具合の悪いフリしなきゃいけなくて、けっこう大変です。同じ仮病でも、家族に病気になってもらうという手があります。

 

「妻が風邪を引いているので、早く帰ってやらないと…」

 

「母が具合悪いから、今日は私が夕飯を作らないといけないの」
など。

 

あまり角が立たなくて、しかも演技する必要もありません。

 

ほかには、先約が入っているというのがオーソドックスな言い訳ですが、これにもちょっと注意点があります。

 

会社で「友達と約束してて」なんて言って断ると、「まだ学生気分なんだな」と、不当な評価を受ける場合も。

 

あまり気分が良くないですし、それで仕事の評価にまで影響したらバカらしいですよね。そんなことにならないように、ちょっと社会性を感じられる「先約」にしましょう。

 

例えば、
「自治会の役員に選ばれてしまって、その日は集会があるんです」とか。

 

「同窓会で、恩師も来るので行かないわけにいかなくて…」とか。

 

「役員」や「恩師」など、「まあ仕方ないな」と思わせるワードを盛り込むところがミソです。

 

それでも断り方のバリエーションに事欠くという方は…誘われたいなら飲み会に行ってください、とも言いたくなりますが、もう一つだけ。

 

「病院で検査を受けるから、飲めない」

 

「どこが悪いの!?」と聞かれるかもしれませんが、
「最近ちょっと胃の調子が悪いから、調べてもらおうと思って…」
程度なら、そんなに演技の必要もありません。

 

人間ドックでも良いですし、何回も使える断り方ではありませんが、困った時にどうぞ。

 

会社の飲み会に行きたくない時の断り方、2パターンに分けて紹介しました。同じ断るにしても、なるべく相手を傷つけずに、穏便にしたいものですよね。

 

上手で自然な断り方を身につけて、楽しい社会人ライフを送ってください。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す