.

受験勉強のやり方!あなたが短期間で成績を急激に伸ばす為のある法則

2015-08-11_221818
出典:http://www.bennkyouhou.com/

 

これから受験期を迎える受験生の皆さんがあまり受験本番まで時間がないような時期にどうすれば短期間で成績をぐっと伸ばす事が出来るのか。

 

受験勉強の取り組み方、やり方について参考事例をご紹介致します。

 

受験勉強は重要な2割の部分を徹底的に押さえる

2015-08-11_222050
出典:http://usedoor.jp

 

まず基本的に受験勉強において重要な事は「パレートの法則」を実施するという事です。

 

別名、「2割・8割の法則」とも呼びますが重要な事は全体の2割の部分に集約されていてそこを徹底的に身につける事によって8割の成果を出す事が出来るという法則です。

 

これは勉強だけではなく仕事においても言える事なのですが受験勉強において”重要な2割”の部分とは何かと言いますと例えば英語であれば頻繁に登場するフレーズや表現の事で数学であれば公式や何度もテストに出てくる問題パターンの事です。

 

100点満点のテストでそれまでほとんど勉強をしてこなかったような人が80点を獲得する為にはまずこの重要な2割の部分をマスターする事に集中する事で最短ルートで80点獲得を実現する事が出来ます。

 

高校受験と大学受験での受験勉強のやり方の違い

2015-08-11_222407
出典:http://i.gzn.jp

 

ただ高校受験と大学受験とでは微妙にこの状況が変わってきます。

 

高校受験の場合、主要科目の問題パターンがある程度決まっているのでこの問題パターンが”重要な2割”だとするとその部分を何回も訓練しているとある程度、8割方の成果を出す事が出来るようになります。

 

しかし大学受験の場合、つまり高校で学ぶ学習内容の場合、問題パターンはあるのですがその量が非常に多くなるため短期間で全ての問題パターンをマスターする事が難しくなります。

 

根気よくそのパターンを学習していけばある程度成果を出す事が出来るのですが大学受験の際には、単に効率よく勉強するだけではなく量に耐える忍耐力も必要になってくるという事をあらかじめ認識しておかなければなりません。

 

途中で諦めてはいけないパレートの法則

2015-08-11_222738

 

また、受験勉強において”重要な2割”を勉強していく際にはやはり一度では覚えられるものではないので何回も何回も繰り返し暗記したり練習したりする根気良さが必要である事を知っておかなければなりません。

 

ただしパレートの法則を実践している最中にここだけは注意しておかなければならないのは途中で挫折して、ひたすら問題量をこなす事に転移しない。この事を注意して頂きたいと思います。

 

”重要な2割”を押さえれば8割の成果を出す事が出来ると言ってももちろん簡単に出来る事ではないので、その2割をマスターするまでには、それなりの学習量・集中力を乗り越えなければなりません。

 

しかしなかなか成果に結びつかないからと言って途中で方向転換し、とにかく問題量をこなす方向に転移するとせっかく重要な2割を押さえようとしているのに効率の悪い残りの8割の部分に入り込んでしまうので結果に現れるのがより遅くなってしまう事があります。

 

成果が出るまでに一定の時間が掛かる事は覚悟しなければなりませんがそれ以上に、重要な2割に取り組む際の集中力を持続しなければならない事への覚悟は認識しておくべきでしょう。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す