.

時代の変化にも適応出来るマーケティングとは?

2015-08-13_090912
出典:https://blog.kairosmarketing.net

 

あなたは「マーケティング」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

 

例えばあなたが個人で商売をしている人であるならば当然強みとしている商品・コンテンツというものがあるでしょう。

 

パスタ屋さんを経営しているのであれば”パスタ”。学習塾を経営しているのであれば”教える教師の技術”と”カリキュラムの充実さ”。

 

商売を続けていくためには「商品」が必要ですし当然ですが、それを買ってくれる「お客様」も必要です。

 

しかし自分の最も自由にコントロール出来ない部分が「お客様の気持ち」の部分です。

 

お客様の気持ちが商品とは全く縁のない方向に向いているとあなたの商品を買ってくれる人どころか興味を持ってくれる人すら現れません。

 

マーケティングの意味とその失敗事例

2015-08-13_091240
出典:http://freec.me

 

「マーケティング」という言葉はそんなあなたの商売にとっては”財産”とも言えるべき「お客様」がどんなものを欲していて、どんな生活を手に入れたいと思っているか。

 

そのニーズを徹底的に調査し、それを商売の中で反映させていく行為のことを言います。

 

例えば”パスタ屋”を経営している人であれば自分が何年も修行を積んでこただり抜いて作り上げた味をお客様に提供するその精神は大切です。

 

しかし根底にある思いとしてお客様が例えば暑い夏の時期にはどんなパスタを食べたいと願っているのかを真剣に考えなければなりません。

 

マーケティングが失敗している時というのは基本的にお客様がなかなかお店に来てくれなくなります。

 

その原因がどこにあるかは分かりませんが少なくとも「なぜ来ないのだろう?」とその原因が分からないでいるうちはマーケティングに成功しているとは言えません。

 

お客様のニーズをもとに商品やサービスを見直していく

2015-08-13_091449
出典:http://up.gc-img.net

 

まずはお客様が今何を考えているのかを知るところからお店の全体的なコンテンツとしての人気が上がってきます。

 

要するに”パスタ屋”は、単にパスタを提供することが仕事かと言うとそうではなくお客様に接する時の態度、話し方、気配りなど全て含めて「あのお店はいいね」という評判になります。

 

特に今は便利な世の中になってきていますのでお客様のサービスに対する要求レベルは非常に高くなっていることを認識しなければなりません。

 

またお店を認知してもらうための努力も必要です。

 

そもそもお店の存在そのものが他のお店に劣ってしまい目立たなくなっているという状態であればお店の商品を改善する以前の問題としてそもそもお店を知らない人が多いという課題にぶち当たります。

 

この部分に関して改善策をひとつ提案するとすれば最近流行りのSNSを通して、お店の近所の人たちに情報拡散をお願いする企画をしてみると良いでしょう。

 

ただしSNSで情報拡散がされる時の特徴は”話題性”や”意外性”を生む出来事だった場合が多いのでお店全体で、お客様が驚くようなサプライズイベント等を企画しお店の認知度を高める努力をされるのも良いでしょう。

 

スポンサーリンク

お客様がより協力してくれやすい形でアンケートをお願いする

2015-08-13_091744

 

そして一番重要な姿勢はいつ、いかなる時もお客様の気持ちの変化に耳を傾けようとする意識を持つことです。

 

お客様のニーズというものは時代の変化とともに変わっていきます。

 

10年前に掴めていたリピーター客が今も自分の店に足を運んでくれる保証はないのです。

 

そこでお客様のニーズを調査するために定期的にアンケート調査を実施することもひとつの姿勢として重要だと思います。

 

最近ではインターネット上のアンケートを使ってお客様にスマホで回答して頂くというスタイルも流行ってきています。

 

今のこの時代のお客様は常に便利さを求めて生きているのでアンケート記入に対しても出来るだけ面倒でない形でしかなかなか答えてくれなくなっています。

 

そうした時代の変化に伴う人々の要求レベルに耳を傾けそれに適応した方法論でお客様の声を拾って行こうとする意識が商売人としてとても大切ですし、この姿勢そのものがマーケティングの真髄です。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す