.

金銭トラブル発生!まずは無料相談できる消費者センターへ

2015-07-21_222840

 

長い人生を生きていると人間関係のトラブルが生じる事が多々あります。

 

特に金銭的なトラブルに巻き込まれた時の、あなたに降りかかってくる精神的な負担は想像を絶するものがあると思います。

 

ここでは、そうしたあなたの精神的な負担を少しでも軽減する為に金銭トラブルに巻き込まれた際に、あなたがまず起こすべき行動の提案をさせて頂きます。

 

出るはずだった利益に対して保証する必要はない

2015-08-12_232415
出典:http://blog-imgs-46.fc2.com

 

一言で金銭トラブルと言ってもその内容は人によって異なります。

 

ただ一般的に多く起こってくる問題の一例として何らかの儲け話で、本当は得られるはずだった利益がその案件が終了した事によって得る事が出来なかった。

 

だからその得られるはずだった利益を全て支払って欲しいという要求をしてくる人が稀にいます。

 

しかし通常は、その利益に対して必ずお支払いする事を保証しますという内容の契約書でも結んでいない限り支払う必要はありません。

 

そのトラブルによって相手に金銭的負担を与えてしまった場合には、あなたの責任の範囲内で支払わなければならないケースもありますが、儲かるはずだった利益に関して請求をされても実際にはその利益が出る確証がないわけですから出てもいないお金に対してあなたが負担する必要はありません。

 

基本的には相手が被った損失に対して保証するというのが限度です。

 

損害賠償請求という制度がある

2015-08-12_232643
出典:http://format.fideli.com

 

また例えばあなたが何らかの儲け話に乗っかった側だとして相手がその契約を破った場合にどのような対応をすれば良いのかについてですが、第一には相手が契約を破った事によって発生した金銭的な損失については
相手に請求をする事が出来ます。

 

しかしこれも契約書の内容にもよるので全額返金してもらえる確証はありませんが、相手が約束を破った事によって自分が被害を被ったのであれば相手側に責任があるのは合理的な考え方であり、法的にもそのように認識されています。

 

しかし相手の対応があまりにも悪く被った損失に対しても支払う意志が無いようであれば弁護士に相談し、損害賠償請求を掛ける事も可能です。

 

あなたが相手と契約する際に事前にいくらかの支払いをしており時間が経ってもなかなか契約が実行されず結果的に契約を違反された場合にはその待たされた時間や、精神的な負担に対して損害賠償請求を掛けることが可能です。

 

しかし実際にその請求が許可されるかどうかまた支払ってもらえる金額が具体的に、いくらになるかについては裁判官の判断によるので、そういう場合には正式に裁判に持ち込んだ方が得策でしょう。

 

スポンサーリンク

消費生活センターに意見を聞く

2015-08-12_232956
出典:http://www.city.hagi.lg.jp

 

しかし金銭的なトラブルに巻き込まれた時に、こうしたインターネット上の情報を頼りに自分の場合はどのような行動・判断を取ればいいかを決めるのはあまりにも不安定であり、リスクを伴うものでもあると思います。

 

こうした時に頼りになるのが「消費生活センター」と呼ばれる機関です。

 

原則、各行政毎にこうした消費者の相談窓口になってくれる機関があり、そこには常駐の法律に詳しい専門家がボランティアで待機してくれています。

 

そして時には、消費生活センター側の企画によって一般の弁護士さんが対応してくださることもあるので、まずは相談に言ってみるのが最も迅速な解決に繋がります。

 

もちろんインターネット上である程度の知識を吸収することが出来ますが、金銭トラブルが発生した際には、大半の場合が自分都合で法律を解釈することが多いので客観的に・法律的に見て、今回のケースはどうであったかのアドバイスをもらうために消費生活センターにまずは相談しに行ってみるのが一番でしょう。

 

あなたが調べる範囲では、限界のあった思わぬアドバイスが聞けることもあるので、まずは相談に行ってみて、そこで得た情報をもとに次なる行動を起こすことが得策です。

 

基本的に消費生活センターでは、法律相談には乗ってくれますが、実際の手続きまでは関与しないので、あくまでどのような行動を起こせば良いのかのアドバイスとして聞かれることをオススメします。

 

2015-08-12_233822
出典:http://www.kokusen.go.jp/map

 

スポンサーリンク

コメントを残す