.

英語力up!大学受験の為の英単語の勉強方法やリスニングの学習方法!

2015-08-14_235738
出典:http://tyugaku.net

 

あなたは英語の成績に伸び悩んでいませんか?

 

•毎日、単語帳を勉強しているのにすぐ忘れてしまう

•リスニングの聞き取りができない

•長文をスラスラ読めない。

 

などなど、英語を長時間勉強しているわりには、努力が報われないことってありますよね。

 

「なんでこんなに勉強しているのに成績が上がらないんだ。」「私には才能がないのだろうか」と自分の出来の悪さに嫌悪感を抱いてしまうこともあったのではないでしょうか?

 

しかし、あなたが特別出来が悪い、才能がないというわけではありません。

 

なぜなら、英語の勉強方法には正しいやり方があります。そのやり方をあなたは知らないだけです。つまり、その方法さえ知ってしまえば、あなたは英語ができないというコンプレックスを解消することが出来ます。

 

あなたは英検合格を目指している方かもしれません。また、上智、慶応、早稲田、青山などの難関大学を目指している方かもしれません。

 

そんな英語の成績で伸び悩むあなたのために、「英単語の勉強方法」「リスニングの勉強方法」「長文をスラスラ読む方法」をご紹介します。

 

英単語は繰り返しで覚えられる

2015-08-15_000037
出典:http://xn--r8jydr09j1mpqm7ammi7wb.net

 

まず、あなたに意識してほしいのは、英単語を1回や2回読んだだけじゃ覚えられないということです。

 

そもそも、そんなに記憶力のいい人はめったにいません。ドイツの心理学者のヘルマンが発表した「エビングハウス忘却曲線」によれば、人間の記憶は20分後に42% 1時間後には56%忘れるという結果がでています。
2015-08-15_000832

「エビングハウスの忘却曲線」の内容は次のようになっています。

20分後には、42%を忘却し、58%を覚えていた。
1時間後には、56%を忘却し、44%を覚えていた。
1日後には、74%を忘却し、26%を覚えていた。
1週間後には、77%を忘却し、23%を覚えていた。
1ヶ月後、には79%を忘却し、21%を覚えていた。

出典:記憶力をアップする方法、エビングハウスの忘却曲線

つまり、人間は忘れる生き物だということを理解しておいてください。

 

では、忘れないためにはどうすればよいのか。それは繰り返しやることです。おすすめの方法としては、英単語長を30分で1000単語みてください。

 

とにかく、英単語と日本語の意味だけを確認して30分以内に終わらせる勢いでやることです。それを繰り返すことで、英単語と意味が頭に定着します。

 

リスニングはネイティブスピーカーの発音を真似しましょう!

2015-08-15_000241
出典:http://tjkofficial.com

 

おそらく、リスニングに対して苦手意識を持っている高校生はたくさんいると思います。

 

しかし、高校生のあなたは学校の先生に「リスニングはどうやれば上達するのでしょうか。」と聞いたとしても、「とりあえずラジオ聞いてみて」という返事が返ってきたのではないでしょうか。

 

しかし、ラジオを聞くだけでは上達しません。なぜなら、ラジオを聞くというのは受け身の状態です。受け身の状態は脳がほぼ活動していない状態なので、頭に入るわけがありません。

 

だから、英語がいつまでたっても聞き取れるようにはならないのです。では、どうすればいいのか?それは、声に出して読むことです。

 

本屋に行って、大学受験用の参考書にCDがついているはずです。そのCDを買って、ネイティブスピーカーの発音を真似しながら、1日最低10回は音読しましょう。

 

繰り返し読むことで、あなたもネイティブの仲間入りです。

 

長文をスラスラ読むためには?

2015-08-15_000431
出典:http://toeic-me.com

 

長文をスラスラ読む方法について説明します。

 

その前に、あなたが小学生のとき、音読をしませんでしたか。繰り返し読むことで、自然と内容が頭に入り込む。

 

実は、あなたが小学生のときに実践した音読が英語の長文を上達させる唯一の方法なのです。

 

事実、東進ハイスクールの安河内哲也先生はこの方法で、長文がスラスラ読めるよようになり、英語の偏差値が1年間で30ぐらいから80になり、上智と慶応に合格できました。

 

東進の有名講師が実践した方法なので、使わない手はないですね!

 

まずは、模試や学校の定期テストの長文をを積極的に読むことから始めましょう。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す