.

犬の危険な行動をできるだけ防ぎ愛犬を守りましょう

2015-08-22_163310
出典:http://grapee.jp

 

初めて犬を飼う人はあなたのおそらく、「この子をどのように育てようか」「どんなことに注意すればいいのか」「どんな思い出をつくろうか」など期待にむねを膨らませていると思います。

 

しかし、あなたのペットが危険な行動をとる可能性もあります。大事な愛犬を傷つけないようにする為にはどうすればいいのか?

 

それは知識を持っていれば、事前に防ぐことができますので愛犬の危険を防ぐために「犬が電気コンセントを噛まないような対策」「ブラッシングで病気から守る」「犬を一匹家に残すときの対策」をご紹介します。

 

犬が電気コンセントを噛まないようするためには?

2015-08-22_163550
出典:http://garden-elegance.jp

 

昔は、外で犬を飼うことが当たり前だったのですが、今となっては家で犬を飼う人達が多くなりました。

 

しかし、家なの中には数々の危険が潜んでいます。なぜならば、あなたの愛犬が電気コンセントを噛じってしまう可能性があるからです。

 

家では、パソコンやら冷蔵庫を使うのに一年中電気を使います。そのため、家の至る所には電気コンセントがあるはずです。電気コンセントを犬が噛んで感電してしまう要因になるかもしれません。

 

感電を防ぐためにも、愛犬の目につく場所に電気コンセントなどは置かないようにしましょう。万が一、愛犬が電気コンセントを噛んでしまった場合、速やかにペット専用の病院に連れて行って、動物病院の獣医に診てもらいましょう。

 

スポンサーリンク

ブラッシングはこまめにやりましょう。

2015-08-22_163744
出典:http://16zhekou.com

 

あなたは愛犬にこまめにブラッシングをしていますか?

 

もししていないのであれば、ペットが病気になるかもしれません。犬は散歩しているとき、知らない間に外のゴミを毛のなかに持ち込んでいるかもしれません。

 

ゴミの中にはペット有害なものもあります。それが病気の原因になり、犬に悪影響を与えるかもしれません。

 

人間と同様に犬はデリケートな生き物ですので、こまめにブラッシングをすることで、清潔感を保たせることが必要です。また、定期的なブラッシングをすることで皮膚病などを防ぎ、大事な愛犬を病気から守ることができます。

 

今はどんな病気が身近に潜んでいるかわかりませんので、十分注意しましょう。

 

愛犬を家に置いて、出かけるときの対処方法

2015-08-22_164920

 

また、外出する際の対処も必要です。

 

犬を飼っていなかったときは、何も心配せずに外出できました。しかし、ペットを飼い始めるとそうはいきません。色々と問題が生じます。

 

例えば、犬が成人する1歳(人間の換算で約17歳)の頃、飼い主がいなくなったことで、不安や恐怖を与えてしまうことがあります。そんなときは、軽く犬と遊んでください。

 

軽く遊んで愛犬を疲れさせてから、出かけることを心掛けてください。そうすれば、愛犬は疲れて、熟睡します。その結果、不安や恐怖を忘れることができます。

 

ペットを飼う際には、そういった身近な気配りを忘れないようにすることも大事なことです。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す