.

犬に与えてはいけない危険な食べ物とは?

2015-08-23_110934

 

あなたが犬を飼っていて、犬にはどんな食べ物を食べさせてはいけないのだろうか?と、こんなことを思ったことはありませんか?

 

もしあなたが何も知らずに、犬にとって害のある食べ物を与えてしまったら、大変ですよ。人間と犬の生態は異なるので、与えていいものと悪いものがありますので知っておく必要があります。

 

では、ワンちゃんにとって何が危険なものなのかをご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク
 

犬にとって最も危険なネギとカカオ

2015-08-23_111127

 

犬が食べると危険なものはネギ類です。例えば、たまねぎや、ニラ、長ネギといった野菜です。

 

ネギ類には犬の赤血球を破壊する成分が含まれているので、食べたら最悪の場合、愛犬が死んでしまうことがあります。

 

また、タマネギを直接食べさせるだけでなく、オニオンスープなど汁物の場合も、タマネギのエキスが含まれるので、与えてはいけません。

 

また、チョコレートの原料として使われているカカオを含む食材も与えてはいけません。カカオは犬の中核神経(身体をコントロールするための神経)に悪影響を与えます。

 

主な症状として、嘔吐や心拍を促進するといった症状が現れます。

 

スポンサーリンク

犬にとって危険な果物

2015-08-23_111302
出典:http://cdn.macaro-ni.jp

 

また、果物にも犬にとって危険なものが含まれています。そのひとつがアボカドです。

 

人間にとっては健康な食材ですが、犬にとっては、食べると嘔吐や下痢を引き起こし、胃に害を及ぼす危険性があります。

 

もうひとつ危険な果物があります。ぶどうです。ぶどう本体もそうですが、特に皮を食べさせていけません。というのも、このくだものは犬の腎臓に悪影響を与えて、死亡する場合があります。

 

また、与えても問題はないのですが、糖質を多く含むバナナやキウイなどのくだものも要注意です。

 

過剰に摂取しすぎると、犬によってはアレルギー反応を引き起こす犬もいますので、十分注意しましょう。

 

犬にとって危険な海の幸

2015-08-23_111439
出典:http://i.gzn.jp

 

さらに、甲殻類(アサリ、生ガキ、ハマグリなど)や甲殻類(エビやカニなど)を食べさせるのも危険です。

 

犬がこれらの海の幸を食べることで、食欲の低下、嘔吐につながります。さらに、散歩をしている途中にフラフラしたり、痙攣を起こしたりして苦しむことになります。

 

また、こういった症状は生の魚やイカ、タコを食べさせることでも引き起こす場合があります。

 

もし、生の魚を食べさせる場合には、しっかり火を通して焼けば、犬にあげても問題ありません。

 

基本的には犬のドックフードを食べさせる習慣を身につけて、人間用の食材は極力あげない方が絶対に良いです。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す