.

猫が肥満にならない為にダイエットを成功させる方法

pict01
出典:http://blog-imgs-30.fc2.com

 

最近、家でダラダラ過ごす猫が増えて運動しなくなったり、お菓子を必要以上に与えすぎた結果、あなたの猫は肥満体型になっているのではないでしょうか。

 

だとしたら、猫の生活習慣を根本から変える必要があります。しかし、あなたが猫に急激に食事の量を減らしたり、お菓子を与えなくなったら、逆にストレスを溜まります。

 

そうならないために、猫にとって適切なダイエットをする必要があります。では、猫にとってどんなダイエット方法が効果的なのかご紹介します。

 

猫が肥満になるとどうなるのか?

pict02
出典:http://noir.blackcatclub.org

 

その前に、猫が肥満になるとどんなリスクがあるのでしょうか。肥満になると、猫の身体のいたるところに、脂肪がこびりつきます。

 

そうなると、心臓や血管に負担がかかります。負担を抑えるために血液の量を増やさなければいけません。

 

そして、血液の量を増やすには酸素、栄養が大量に必要となるので、食べ物と水を大量に摂取します。さらに、体重が重くなるので、足にも負担がかかります。

 

その結果、膝を痛めたりして、運動しない身体にしてしまうのです。ですので、こうしたリスクを防ぐためにも猫の健康管理はしなくてはいけません。

 

食事を工夫して猫を痩せやすい身体へ

pict03
出典:http://s.eximg.jp

 

では、猫にとってストレスを与えず、効果的なダイエット方法はどんなものがあるのか?

 

まずは、食事の量を変えてみましょう。極端にキャットフードの量を減らすのではなく、キャットフードで減らした分を野菜で補いましょう。

 

ただし、ネギ類(タマネギ、青ネギ)などは猫の赤血球を破壊してしまうので、あげてはいけません。レタスや白菜といった緑の野菜を中心にあげましょう。

 

また、1日の食事の量は変えずに、3回から4回に分けて出すのもおすすめです。小分けすることで、エネルギー消費量が多くなり、痩せやすい身体にしてくれます。

 

猫を効率的に痩せさせる運動方法

pict04
出典:http://tetsubunbusoku.info

 

また、食事を工夫するだけでなく、運動も取り入れてください。運動は人間と同様に、代謝効率よく循環させて、脂肪が燃えやすい身体にしてくれます。

 

ただ、猫は活発的に動く動物ではないので、1日の運動量を多くしてはいけません。なるべく15分程度の運動を1日に2回から3回ほどすれば十分です。

 

では、猫を運動させるためにはどうすればいいのか。おすすめのおもちゃは猫じゃらしがいいでしょう。

 

猫じゃらしを使うことで、猫が自然と反応して身体を動かします。猫じゃらしは買わなくても、そこらへんにたくさん生えているので、取ってきて使ってみましょう。

 

あとは、低カロリーのおかしを使って運動もできます。猫にお菓子を気づかせて、遠くに投げるのです。

 

こうすれば、お菓子を食べるために走るので、効率よく運動させることができます。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す