.

猫に危険な食べ物とは?絶対に食べさせてはいけないので注意!

pict01
出典:http://www.neko-kurashi.com

 

あなたは猫に普段キャットフード以外にどのような食べ物を食べさせていますか?

 

実は、人間にとって安全な食べ物が猫とっては、命を脅かすものがあります。もし、あなたが自分の猫に害のある食べ物を食べさせてしまったら、下痢や嘔吐、赤血球の破壊、体調不良など、場合によっては死亡することも考えられます。

 

あなたの猫の安全を守るために、あなたは猫にとって危険な食材はどのようなものがあるのかを知っておく必要があります。では、どんな食べ物が猫にとって危険なのかをご紹介します。

 

キシリトールと名のつく食品はあげてはいけません

pict02
出典:http://www.myclinic.ne.jp

 

まず、絶対に猫にあげていけないのはキシリトールです。

 

キシリトールと言えば、スーパーやコンビニに行くと、キシリトールガム、キシリトールの歯磨き粉などが売っています。これは猫にあげてはいけません。

 

なぜなら、キシリトールは猫の体内の栄養素を運ぶグルコースの濃度を下げて、猫の身体に栄養がまわらなくなるからです。

 

ですので、あなたが猫を飼っている時、猫が誤ってキシリトールを口にしないように、目の見えない所においておきましょう。

 

チョコレートとぶどうは猫にとって危険

pict03
出典:http://news.walkerplus.com

 

次に、食べさせてはいけないものはチョコレートやココアといったカカオとぶどうを乾燥させたレーズンです。

 

カカオに含まれる成分は猫に嘔吐や下痢の症状を引き起こします。さらに、レーズンも同じように、嘔吐を引き起こします。

 

さらに、腎臓の機能を低下させ、猫の身体の中に入った有害物質が処理できなくなるので、身体のなかに悪い物質を溜め込んでしまいます。

 

カカオとレーズンは猫が食べて死亡したケースがあるので、絶対に食べさせてないでくさい。

 

ネギ類とアボカドも猫にとって危険な食べ物

pict04
出典:http://image.space.rakuten.co.jp

 

また、タマネギや青ネギ、ニラといったネギ類を食べさてはいけません。もちろん、ネギを材料に作った食材、例えば、すき焼きやオニオンスープの汁も同じように危険です。

 

なぜなら、ネギ類は猫の赤血球を破壊する成分が含まれているからです。つまり、体内の血液中に酸素が運ばれる仕組みを破壊して、酸欠状態になります。

 

そのようになると、呼吸困難や疲れやすくなったり、食欲がなくなるといった症状が出ます。また、アボカドを食べさせることも危険です。

 

アボカドにはペルシンという猫にとって有害な成分が含まれています。食べ過ぎると嘔吐や下痢を引き起すので、これもあげてはいけません。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す