.

猫の飼い方でとくに注意するべきポイントは?

pict01
出典:http://www.kato-inuneko.com/

 

あなたは猫を飼うとき、「どんなことに注意すればいいのか。」と思ったことはありませんか?

 

あなたの大切な猫が外に出ると何かしらの事故に巻き込まれたり、病気に感染したりなど、動物を飼うことは楽しいと同時に危険なことが山ほどあります。

 

病気、事故などの危険を避けるためにも、注意しなければいけない事があります。では、具体的にあなたが猫を飼う上でどんなことに気をつけなければいけないのでしょうか?

 

猫を飼うときは外に出さないようにしましょう

pict02
出典:http://stat.news.ameba.jp

 

まず、室内で猫を飼うとき、外に出さないようにすることです。

 

なぜならば、猫が外に出ると、交通事故で怪我をしたり、他の猫と喧嘩をして、負傷することがあります。

 

特に外の野良猫は何かしらの感染病を持っている可能性がありますので、事前に病院でワクチンを打つなりして、あなたの猫が病気にならないように対策をしておきましょう。

 

このようにすれば、猫の身を守ることができます。外には出さないで、室内にいたほうが安全なのです。

 

夏場に猫を室内で飼うときの注意点

pict03
出典:http://41.media.tumblr.com

 

しかし、それでは猫がストレスを溜るのではないと思った方もいらっしゃると思いますが大丈夫です。

 

猫が外に出る習慣が無ければ、自分の居場所が家だけだと思い込みます。すると、室内の世界しか猫にはわからないので、ストレス解消や発散も家の中でやります。

 

猫は非常にマイペースな動物なので、好きな時に遊んだり、寝たり、走り回ったりしても十分ストレスを発散できます。ただ、夏に猫を飼うときは、注意してください。

 

あなたが外出中に室内の体温調節をしてあげないと猫がストレスを感じるからです。

 

猫が快適と感じる温度は約20度から28度と言われていますので、外出する際はエアコンで部屋の温度を調整してあげてください。

 

出かけるときの対策

pict04
出典:http://nekogazou.com

 

また、室内で猫を飼うにしろ、私的な都合で出かけてしまうこともあるでしょう。

 

旅行をしたり、会社の都合で出張したりすることがあるはずです。1日から2日ほど家をあけたとしても、飲み水と食事をしっかり用意しておけば、あまり問題はありません。

 

しかし、あなたが仕事の都合で長期間、家を不在する場合もあるでしょう。そんな時にはどのような対策を取ればいいのでしょうか?

 

1つはペットホテルに預けることです。ペットホテルに預けておけば、エサや飲み水をしっかり与えてくれるのでおすすめです。

 

2つ目はキャットシッターに頼むのもいいでしょう。キャットシッターは猫の世話をかわりにやってくれる人のことです。

 

キャットシッターに頼めば、安心して家を空けることができますので、ぜひ利用してみてください。

 

ペットシーターSOS(外部リンク)

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す