.

猫の熱中症にかかる原因やその対策方法とは?

2015-08-20_193648
出典:http://nekogazou.com

 

今年の夏は毎日暑いですよね。特に、首都圏の高層ビルの周りに住んでいる人は要注意です。

 

気温が35℃を超えて、熱中症で倒れる話をよく聞きますよね。ニュースでも夏の猛暑が原因で死亡するという報告もありますので、しっかり暑さ対策をしなくてはいけません。

 

しかし、それは人間だけに限ったことだけではありません。あなたの大事な猫も同じことが言えます。

 

大切な猫ちゃんが熱中症にならないために、あなたはどのような対処をしていけばいいのでしょうか。今回は、猫のための熱中症対策の方法をご紹介します。

 

猫が熱中症にかかる原因とは?

2015-08-20_194007

 

そもそも、猫が熱中症になる原因とはなんでしょうか?

 

基本的に、熱中症にかかる原因としては、夏場にエアコンをつけないで猫を室内に放置していたり、運動のしすぎによる体温の上昇、猫の体型が肥満と色々あります。

 

猫が熱中症にかかると、食欲の低下、嘔吐、けいれん、血圧が下がったり、場合によっては死亡することもあります。熱中症は体内に熱を溜め込むことで起こる症状です。

 

人間は汗をかくことで熱を外へ逃がすことができますが、猫は、自分で汗をかくことができないので、体温調整のコントロールができないのです。

 

ですので、定期的に猫の体温を下げるなどして、体温を調整することが必要です。

 

猫のための熱中症対策とは何か?

2015-08-20_194136
出典:http://yumeijin.cocolog-nifty.com

 

では、具体的にどんな方法で猫の熱中症に対処すればよろしいのでしょうか。

 

ひとつは、涼しい日陰や日の当らない所に移動させて、うちわや扇風機などの道具を使って猫の体温を下げてみてください。

 

それから、水は常に補充して、いつでも猫が水分を取れる状態を保ってください。ただし、氷水などで急激に冷やすと血管が収縮するので、氷水で一気に冷やそうとしないでください。

 

また、「人間の体温にあわせれば、猫も自然と涼しくなるだろう。」と考えてはいけません。人間に快適な体温は猫にとって心地よく過ごせるとは限りません。

 

猫は人間より少しだけ平気体温が高めですので、普段クーラーをつける際には、いつもよりも若干低い温度に設定してあげてください。

 

人間は、通常27℃ぐらいが快適な温度といわれています。設定温度を下げることにより猫の熱中症を防ぐことができます。

 

外出するときの猫のための熱中症対策

2015-08-20_194317
出典:http://i0.wp.com/xn--w8jy35jq9q.jp

 

また、猫を外へ連れ出す場合の対処方法についてです。夏は日陰でも温度が高いので、猫と外出するのは出来る限り避けましょう。

 

しかし、病院や旅行で外へ連れて行かなければならない場合があります。そのとき、ほとんどの人はキャリーケースの中に猫を入れて持ち運ぶはずです。

 

そのキャリーケースの中に、濡れたタオルを引いて、定期的に体温を下げるようにしてあげましょう。

 

また、車で移動するのであれば、熱がこもらないようにエアコンで車内の温度を下げたり、窓をあけるなどして、風通しをよくしましょう。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す