.

安い肉を柔らかく美味しくする7つの方法

a1180_006086

 

食卓にゴージャス感を出したい時や元気をつけたい時に欠かせない食材といえば、やはりボリュームのあるお肉。

 

だけど給料日前や人数が増えると、ちょっと良いお肉を調達するだけで痛い出費になります。

 

スーパーで見かける激安のお肉は見た目はおいしそうでも、やはり安い肉だし硬いかな…と思って手をつけない人も多くないのではないでしょうか。

 

そんな激安のお肉を高級肉のように美味しく変えてしまう方法を紹介します。

 

1.肉はたたく!切る!

2015-08-18_231809
出典:http://image.rakuten.co.jp

 

硬い肉の筋繊維をほぐして食感を柔らかくします。

 

肉の繊維を断ち切るには、繊維に対して直角に切ります。縦にきるか、横にきるかで食感も違ってくるため美味しさも変わってきます。

 

線維を断ち切るには、肉の線維に対して直角に切ることでできます。縦に切るか横に切るかで食感が違ってくるため、食べたときのおいしさも変わってきます。

 

また、下味がなじみやすく、火が通っても縮みません。

 

2.サシを自分で付け加える。

2015-08-18_231945
出典:http://photozou.jp

 

安い肉と高級な肉はサシの入り方が違います。

 

安い肉にサシがないなら、牛脂を使って自分で付け加える事も可能です。

 

薄くスライスした牛脂を肉の表裏にはりつけ、あとはラップで包み半日程冷蔵庫で寝かすだけで完成です。

 

スーパーでは無料で配られていることも多いのでタダで実践できるのがうれしいですね。

 
漬け込んでお肉を柔らかくする。

 

3.コーラに漬ける。


 

漬け時間の目安は10分程。肉が持つタンパク質を炭酸水素ナトリウムが溶かすことによってお肉が柔らかくなります。

 

味と匂いがコーラなるになることはありませんがそのまま焼くのではなく、しっかりコーラを洗い流してから焼くようにしてください。

 

4.牛乳に漬ける。

 

牛乳には肉の繊維を分解する効果がります。さらに肉の臭みを消し、旨みが肉にしみ込みおいしさもアップ。

 

漬け込み時間は30分以上。一日以上漬け込むとさらによくなるので、時間がある方は是非試してみてください。

 

5.酵素の力で柔らかくする。

 

玉ねぎのすりおろしやパイナップルと一緒に調理する。

 

これは肉を柔らかくすることで有名な調理法です。この調理法、実は玉ねぎやパイナップルの持つ酵素の力を利用したもの。

 

タンパク質は酵素によって分解され柔らかくなり、旨み成分が出てきます。果物や野菜以外にも発酵食品には酵素が含まれていますので

 

塩麹やヨーグルト、酒粕や味噌に漬け込む事でも同じ効果が発揮されます。

 

6.お酢を使って柔らかくする。

 

お酢にも肉を柔らかくする効果があります。

 

密封できるパックにお肉と少量のお酢を揉み込み、少しおけばお酢のチカラでお肉が柔らかく仕上がります。

 

関連tweet

7.片栗粉をまぶす。

片栗粉をお肉の表面に薄くまぶしてから焼く事で肉汁が閉じ込められ、柔らかジューシーに焼きあがります。

 

お肉を柔らかくする方法はどれもお手軽でお財布にもやさしいのが嬉しいところですね。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す