.

やけどで跡が残ってしまった時に消す方法

https---www.pakutaso.com-assets_c-2012-08-N189_iryounogenbanashi500-thumb-1000xauto-1970

 

やけどで跡が残ってしまうと、憂鬱ですよね。やけどした時は、早急な対処が肝心。すぐに水で冷やし、ラップなどで患部を保護して、ひどい場合には病院を受診しましょう。

 

対処が遅れれば遅れるほど、治るまでに時間がかかり、跡も残りやすくなってしまいます。

 

それでも、正しく対処したのにやっぱり跡が残ってしまった…ということも有りえます。たいていは、時間とともに薄くなって消えていきますが、少しでも早く消したいと思いますよね。

 

やけど跡を早く消す、効果的な方法をいくつか紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク
 

紫外線は大敵!

2015-07-17_084016
出典:http://wooris.jp/

 

お肌の大敵、紫外線。やけどの跡がある時は、特に要注意です。メラニンが生成されて色素沈着を起こすと、やけど跡がますます消えにくくなってしまいますよ!

 

紫外線はなるべく避けて、患部を保護してあげましょう。

 

ビタミンCを摂取する

2015-07-17_084351
出典:http://mery.jp/
お肌に良いビタミンCは、やけど跡にも効果があります。ビタミンCはメラニンの生成を抑制するので、色素沈着が少なくなり、美白効果が期待できるのです。更に、コラーゲンの生成を促進してくれるので、お肌にハリが出て、新陳代謝も良くなります。

 

ビタミンCは肌の再生を促し、やけど跡を早く治す手助けをしてくれます。積極的に摂取して、一日も早くやけど跡を消したいものです。

 

ビタミンCを多く含む食品としては、ブロッコリーやピーマンなどの緑黄色野菜や、みかん、ゆずなどの柑橘類、パイナップル、アセロラ、キウイなどがおすすめですよ。そのほか、手軽に摂取できるサプリメントもいろいろありますので、活用しましょう。また、ビタミンCは体内に取り入れるだけでなく、皮膚に直接塗っても効果があります。

 

ビタミンCを含む化粧水などを患部に塗るのも良いでしょう。

 

スポンサーリンク

保湿する

2015-07-17_083241

 

乾燥はお肌に良くありません。やけど跡で傷んでいるお肌が更に荒れてしまうことのないよう、しっかりと保湿してあげましょう。ワセリンなどを塗って患部を保護したり、保湿用のクリームやオイルをこまめに塗って、患部を乾燥から守るようにしてください。

 

ビタミンC配合の化粧水などと組み合わせてケアすると、目に見えて治りが早くなるので、おすすめです。やけどで跡が残ってしまった時、早く消すための方法についてまとめてみました。簡単な方法ばかりですから、すぐにでも取り入れることができます。

 

関連記事

 

スポンサーリンク

コメントを残す