.

ファスナーの直し方!外れた時やしまらない時の対処方法

https---www.pakutaso.com-assets_c-2013-12-OOK89_kabanni5000mannante20131223500-thumb-1000xauto-3968

 

ファスナーが外れたり、しまらない時って困りますよね。

 

さっきまでスムーズに動いていたのに、噛んでしまって全然動かない!噛み合わせの片方が外れてしまって、しめられない…

 

こんな時、焦ってぐいぐいファスナーを引っ張ったり、力任せにしめようとしても、なかなか動くものではありません。

 

かえって食い込みがひどくなったり、本格的にファスナーを壊してしまう恐れもありますよ!

 

ファスナーの直し方や対処方法には、ちょっとしたコツがあります。ケース別にまとめてみましたので、ぜひ参考にしてくださいね!

 

スポンサーリンク
 

ファスナーが動かない時


 

途中で布を噛んでしまったりして、ファスナーが動かなくなってしまった場合。誰もが経験したことのあるトラブルですよね。

 

まずは、生地を横に引っ張って、そのままファスナーを、噛んでしまった方向とは逆へ動かしてみてください。なかなか動かない時は、薄い定規やマイナスドライバーなどを、食い込み部分へ滑らせるように入れてみましょう。

 

こうすることですき間ができて、直る場合がありますよ。また、鉛筆の芯でエレメント(ファスナーの歯の部分)をこすってから動かすと、動きがスムーズになります。

 

それでもダメなら、固形石けんやワセリン、リップクリームなど、潤滑剤を付けてから少しずつ動かしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

ファスナーがしまらない時


 

ファスナーをしめているのに、しめた端から開いてしまってしまらない時…イライラしますよね。

 

こんな時は、エレメントがゆがんでいる可能性があります。エレメントを細かくチェックし、飛び出している箇所を見つけたら、ペンチでまっすぐに整えましょう。

 

エレメントに不具合が見られない場合は、スライダーがゆるんでいることも考えられます。スライダーは、長年使っていると、少しずつゆるんできます。

 

エレメントをうまく噛み合わせられるよう、ペンチでスライダーを締め付けてあげてください。ただし、しめ過ぎると動かなくなってしまうこともあるので、慎重に作業しましょう。

 

ファスナーが外れた時


 

ファスナーの噛み合わせの片方が外れてしまった時は、ちょっと大変です。根元の糸をほどいて、ファスナーをいったん外し、スライダーをはめてからまた縫い直すしかありません。

 

なかなか込み入った作業ですので、自信がない方は、洋服のリフォーム屋さんなどプロの手にお任せしましょう。ファスナーの直し方はケースによって対処の仕方が違います。

 

コツを覚えておけば、簡単に直せる場合も多いので、くれぐれも焦らずに対処するようにしてください。

 

関連tweet

 

スポンサーリンク

コメントを残す