.

台風シーズン到来!意外と知られていない夏台風と秋台風の関係・対策について。

台風
出典:https://pixabay.com

 

台風接近のニュースが頻繁に流れるこの頃。

 

紅葉狩りなどの秋の行楽や日々の外出、まだまだ蒸し暑いので溜まると大変な日々の洗濯の予定などをことごとく狂わせて私たちを困らせる厄介なこの時期の台風についてお伝えします。

 

秋台風とは?

台風5
出典:http://cc-library.net

 

9月から10月にかけて発生する台風のことを指します。一般的に日本の台風シーズンとはこの時期のことを指しています。

 

秋を迎えると偏西風が日本海南部まで南下してくるので、秋台風はその偏西風の影響を受けるので進行のスピードが速く、秋雨前線と連動をして大雨を降らせることが多いのです。

 

その上、秋台風は急にスピードが速くなったり発達したりしやすいので台風の予報が出たら早めの対策・準備が必要と言えるでしょう。

 

夏台風との違い

台風3
出典:http://news.mynavi.jp

 

夏台風と秋台風、と言ったように分類わけをされているということは、何か明らかな違いがあることを指すのではないかと疑問にもたれるかと思います。

 

『どう違うのか?』と聞かれるとうまく説明はできないけれど、確かに夏と秋の台風は違う感じがしますね。

 

実際はどのように違うのでしょう?

 

二つの台風を比較してみてわかる大きな違いとは主に進行するスピードの差であり、『夏台風は進行スピードは遅く秋台風は速い』のです。

 

進むスピードの差を自転車(夏台風)と車(秋台風)に表されて比較されたりもしています。『車と言っても車のスピードは何キロかによるのでは?』との鋭い突込みが入りそうな抽象的な例えではありますが、スピードの差は何となくイメージできると思います。

 

上記のトピックで秋台風のスピードの速さについて触れましたが、なぜ夏台風のスピードは遅いのでしょうか?

 

それは、夏は太平洋高気圧が日本の南側まで覆っているので、そのさらに南側で発生する台風が北上しようと試みてもその進路を高気圧が阻んでしまうから進行のスピードが遅くなるという理由があります。

 

ちなみに北上できなかった台風はどうなるのかと言うと、その場合は台湾?中国に流れたり、北上しても日本列島には上陸せずに日本海や韓国に抜けて行ってしまうのです。

 

逆さまに秋になると太平洋高気圧の勢いが次第に薄れていくので、いよいよ日本列島に上陸する進路へと変わっていきます。そして、秋から冬にかけての時期の台風は黒潮に流されて太平洋沖へと向かっていきます。

 

台風接近に備える

台風2
出典:http://azukichi.net

 

台風が接近する前に事前にできる対策とはどのような事をしたら良いでしょうか?

 

家財保険への加入の有無の確認や数日分の非常用品の準備をする(食料は3日分以上が好ましいです。)、窓の立てつけの点検や水害を極力避けるために水はけをよくしておく、雨漏りがないかどうかの確認などは普段からもできる対策ですね。積極的に対策を実践しましょう。

 

いざ台風が近づいてきたことが分かったら速やかにベランダや庭の片づけや、浸水が予想される地位の方は浸水対策を行うことは被害を最小限に抑えるためにも必要な行動と言えます。

 

また、大きな台風が接近・上陸しそうなときは貴重品の保護や家族との連絡方法、ライフラインの確保なども必要になってきますね。

 

台風接近時に外出しなくてはいけない時は…。

台風4
出典:http://kyoto-tabiya.com

 

台風接近時は不用意な外出は極力避けたいところですが、やむなくどうしても外出をしなければならない場合はどのようなことを注意したらよいでしょうか?

 

地下空間・警戒地域への外出は土砂災害や冠水などの被害の恐れがあり大変危険なのでいつも非難ができるようにし、避難勧告が出た場合は速やかに指示に従ってください。

 

また、暴風により巻き上げたり飛ばされた傘や看板・瓦礫などがぶつかり思わぬ大きな怪我をする恐れもありますので、歩行の際にも肌の露出はせずレインコートやウインドブレーカーなどを着用し、周囲にも注意を払ってできるだけ屋外に出る時間を減らしましょう。

 

また、用水路や水辺はもちろん、屋外に出て見回りなども思わぬ二次災害に繋がる危険が大いにありますので絶対してはいけません。

 

以上が、今回の台風についてのまとめです。

 

天気予報によると、やはりこの秋も台風の量は多いとのこと。

 

被害が起こらないためにも、進路の把握や事前の準備は必ず行いましょう。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す