.

気管支炎の症状や原因や治療方法は?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-11-DI_IMG_5648500-thumb-1000xauto-5656

 

気管支炎と言えば咳が出るというイメージですが、ほかにはどんな症状があるのでしょうか。

 

また、原因や治療方法など、気管支炎について解説していきます。

 

スポンサーリンク
 

気管支炎の症状

 

気管支炎の主な症状は、やはり咳と痰、ということになります。

 

しかし、そのほかにも、急性気管支炎の場合、鼻水やくしゃみ、喉の痛み、発熱、頭痛、悪寒などの症状が見られます。

 

こうして見ると、風邪と非常によく似ていますよね。実際、風邪の合併症として気管支炎を発症してしまうケースも多いので、注意が必要です。

 

最初は乾いた咳だったのに、徐々に痰を伴う湿った咳になってきた場合は、気管支炎になっている可能性が考えられます。

 

特に幼いお子さんの場合には、喘息を引き起こす場合もあるので、気をつけましょう。慢性気管支炎になると、咳や痰の症状が長期間続きます。

 

あまり重症化することはありませんが、咳による体力の消耗や、呼吸不全を引き起こすことが懸念されます。

 

スポンサーリンク

気管支炎の原因

 

気管支炎の原因でもっとも多いのがウイルス感染。

 

いわゆる風邪や感冒の原因となるウイルスが、喉や気管支に入り込み、急性気管支炎を引き起こします。

 

激しい咳が出ることが特徴で、症状はだいたい1~2週間、長い場合で1ヵ月程度続きます。この時、まれに細菌に2次感染してしまうこともあり、そうなると重症化しやすいため、危険です。

 

細菌に感染すると、粘り気のある黄色い痰が出ます。高熱や呼吸困難といった症状も出てきますので、注意しましょう。

 

そのほか、アレルギーによる気管支炎も多く見られます。

 

アレルギー性気管支炎は、ハウスダストや花粉、ダニなど、様々な原因物質によって引き起こされます。食べ物の中にも、卵や小麦、ナッツ類等、アレルギーを誘発する食品がたくさんあるので、注意が必要です。

 

また、アレルギー性気管支炎の原因のひとつに、タバコの煙も挙げられますが、喫煙が慢性気管支炎を引き起こす場合もあります。こういったケースでは、肺気腫を併発していることが多く、長引く咳と痰の症状に加えて、息切れや呼吸困難を伴います。

 

気管支炎の治療

 

一口に気管支炎と言っても、原因や症状によって治療方法は変わってきます。

 

自己判断せず、病院を受診するのが良いでしょう。やむを得ず市販薬を使用する場合にも、必ず薬剤師さんに相談するようにしてください。

 

病院では、咳を鎮める薬と痰を切りやすくする薬、菌の繁殖を予防するための抗生物質などが処方されます。

 

吸入器を使って、ステロイド剤を吸入する治療方法もよく行われます。場合によっては、抗アレルギー薬や、気管支を広げる薬を併用することもありますよ。

 

まとめ

 

気管支炎の症状や原因、治療方法について紹介しました。

 

気管支炎は重症化したり、ほかの合併症を引き起こしてしまうと厄介ですので、早期発見・治療することが重要です。

 

気管支炎が疑われる場合には、早めに病院を受診することをおすすめします。

 

関連記事

 

スポンサーリンク

コメントを残す