.

家庭菜園がプランターで出来ちゃう!秋が種まきシーズンの野菜を育てる!

eat-208672_640

 

自家製の野菜で彩る食卓ってステキ!憧れますね!!

 

今回は、秋が種まきシーズンの家庭菜園で作れる野菜についてお伝えします。

 

この秋から家庭菜園デビューしたい方、いつもの菜園に新しい仲間をプラスしたい方などのお役に立てれば…と思います。

 

初心者にもおススメ!秋まき野菜について

edab8ad8acdeeb403e001523013d3088_s

 

家庭菜園と聞くと、春〜夏の印象が強いかもしれません。

 

ところが実は、秋から種をまいてもとっても美味しい野菜が作れます。

 

しかも、夏の日差しの強さで野菜が焼けてしまうことも無く虫の発生率も春夏よりも少ないという理由で秋菜園は他の季節よりも作りやすいという嬉しいメリットがあるんです。

 

確かに、夏菜園で育てた野菜の葉や実の部分が日に焼けて黄色くなってしまったり、せっかく実ったのに有害な虫がついてしまって食べられなくなってしまった…などのトラブルを良く聞きますね。

 

そして、秋は気候も落ち着いてくるので作業中真夏の日差しで熱中症になるリスクもなく、じっくりと園芸を楽し無ことができそうです。

 

但し、何点かこの季節だからこそ注意しなくてはいけないこともあります。

 

秋まき野菜は種をまく時期を間違えるとうまく育たず、収穫に大きな影響が出てしまうので種まきはくれぐれも時期が前後しないよう気を付けましょう。

 

また、秋雨や台風などで大切に育てた苗が大きなダメージを受ける可能性もありますので、その辺も十分に気を付けて対策をして置きたいところです。

 

今から種まきシーズンを迎える野菜と収穫の目安

タマネギ

onion-179474_640

 

種まき:9月

 

収穫:翌年の5月中旬〜7月

 

ゴボウ

material01
出典:http://begoodcafe.com

 

種まき:9月中旬〜10月中旬

 

収穫:翌年の6月〜9月

 

カブ

turnip-318148_640

 

種まき:9月〜10月中旬

 

収穫:翌年の5月〜6月中旬

 

ホウレンソウ

spinach-506616_640

 

種まき:9月〜11月

 

収穫:翌年の4月中旬〜6月中旬

 

ネギ

leek-5742_640

 

種まき:9月中旬〜10月中旬

 

収穫:翌年の7月中旬〜10月中旬

 

キャベツ

white-cabbage-432608_640

 

種まき:9月中旬〜10月中旬

 

収穫:翌年の4月中旬〜6月

 

水菜

top
出典:http://allabout.co.jp

 

種まき:9月

 

収穫:翌年の5月〜6月

 

こんな感じで、根菜を中心に食卓によく上がるラインナップをチョイスしてみました。

 

今が種のまき時のものから10月中旬くらいまで大丈夫なものまで様々です。

 

そして、秋にまいた種はいつ頃になったら収穫できるかと言うと、大体半年から一年ほどで収穫となります。

 

上記でラインナップした野菜の他にも春菊やホウレンソウ、エンドウなども秋が種まきシーズンとなっています。

 

変わりダネでは野菜なのに魚卵のようなプチプチとした面白い触感が楽しめるアイスプラントも家庭菜園で育てられます。

 

アイスプラントの種まきの時期は8月中旬〜9月中旬ですので、興味がある方はお急ぎください!

 

a0162315_12214447
出典:http://nadarou.exblog.jp

 

プランターでも手軽にできる!

8cfec822
出典:http://blog.livedoor.jp

 

畑や広い庭がないので家庭菜園はハーブなどちょっとしたものしかできないとあきらめている皆さん、ご安心ください。

 

上記のトピックで挙げたような野菜は長ネギやゴボウはある程度の深さがないと作れないので難しいですが、深めのプランターがあればベランダや狭い庭先でもいろいろな種類の野菜を栽培することができます。

 

ちなみに、キャベツを育てる場合はある程度育つまではポットなど小さな入れ物で育苗すると上手に育ちます。

 

そして、プランターを使うことの最大のメリットは『野菜を管理するが楽』ということです。

 

置き場所を取らないということ以外にもプランターは作業をする面積が狭いので除草などが楽なことや、ベランダなど手の届きやすい場所に置いておけばいちいち畑や庭まで行って作業をするという手間も省けるので、その都度気軽に野菜の管理をすることができます。

 

イチゴも秋植えがおススメです♪

strawberries-272258_640

 

種まき:10月〜11月

 

収穫:5月中旬〜6月中旬

 

野菜についてお伝えしてきましたが、イチゴも春よりも秋から育てたほうが早く収穫ができ、そのうえ冬場を越したイチゴは甘味が増すので野菜と一緒に育ててみてはいかがでしょうか?

 

もちろんプランターでの栽培もできますよ。

 

暑さと乾燥に弱いので涼しくなってきても用土が乾いたら水をあげて土を潤わせてあげることもうまく育てるコツです。

 

また、イチゴの場合は、種から育てるのはとても難しいので苗から育てましょう。

 

a335f18c2dd8af78b46440a905a15e67_s

 

以上、秋の家庭菜園についてのまとめでした。

 

秋の大型連休(シルバーウィーク)など、一日使って自分だけの家庭菜園を作ってみてはいかがでしょうか?

 

大切に育てた野菜たちが食卓を彩れば、きっと楽しい食事の時間がより豊かなものとなりますね。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す