.

Web漫画のおすすめ4選!空き時間でサクッと読んで楽しもう

9dd13d52338057ce6d735b58be5aa423_s

 

通勤・通学中や、ふと時間が少し空いて手持ち無沙汰になってしまったとき、みなさんは何をして過ごすのがお好きですか?
 
少しだけ暇になってしまったときには、Webでサクッと漫画を読んで過ごすこともおすすめです!
 
今回は短時間で気軽に読むことができるように、Web漫画をあまり読んだことがないかたにも、Web漫画が大好き!というかたにもおすすめの4つの作品をご紹介いたします。

 

Web漫画のおすすめ!ひとつめはギャグ漫画

2015-08-31_234539
出典:http://omocoro.jp

 

まずひとつめは、藤岡拓太郎さんの「メリークリスマス、健太!」です。
 
藤岡さんは1989年生まれ、大阪在住のギャグ漫画家さんです。
 
2009年には少年ジャンプの新人漫画賞である「赤塚賞」の佳作にも選ばれ、「ジャンプNEXT!2010SUMMER」にも掲載されたことのある実力派なのです。
 
藤岡さんは、日頃から定期的にブログやTwitterなどでショートギャグ漫画を発表されていて、たくさんの作品をWebで公開されていらっしゃいます。
 
今回ご紹介する「メリークリスマス、健太!」はギャグ長編漫画。
 
王道のギャグかな?と思いきや、一筋縄ではいきません。
 
シュールで意味不明な設定な部分も含めおもしろすぎる展開は、藤岡さんならではです。

 

切ないWeb漫画、中毒性高し

2015-08-31_234937
出典:http://mavo.takekuma.jp

 

つづいてご紹介するのは、小田桐圭介さんの「さくらちゃんがくれた箱」です。
 
小田桐さんは、Web漫画を読むことができるサイト「電脳マヴォ」での作品掲載や、「オダギリックス」という名義でのコミティアというオリジナル同人誌即売会への参加などが有名です。
 
ストーリーが難しい展開だったり、ついキュンとしてしまうような切ない物語など、その世界観に引き込まれてしまう中毒性が高い作品が多いです。
 
「さくらちゃんがくれた箱」も、コマが進むたびにぐんぐん引き込まれて、読み終わったらきっと切ない気分になっているはずです。

 

爆笑と感動のドキュメンタリーWeb漫画

2015-09-01_000051
出典:http://to-ti.in

 

中川学さんの「くも漫。」は、実際にくも膜下出血という病魔に侵された作者が、そのドキュメンタリーを笑いと感動でつづった漫画です。
 
その漫画の内容は、あの堀江貴文さんも絶賛されていて、単行本も発売されています。
 
病気の発症がとてもリアルに、笑いを交えながら描かれていて、読んでいると複雑な心境になってきますが、目を背けてはいけない!と勇気づけられもします。
 
最近だとglobeのKEIKOさんや、米良美一さんがかかられた、くも膜下出血という病気ですが、この漫画を読むことによって、きっと病気のことを身近に感じることができるでしょう。
 
そしてこの作品が気になったら、ぜひ単行本を買ってみることもおすすめです。

 

シュール全開のWeb漫画、こんなの読んだことない!

2015-08-31_235853
出典:http://omocoro.jp

 

最後にご紹介するのは、どろりさんの「女優への道と救済」という作品です。
 
どろりさんは、オモコロというサイトでWeb漫画を不定期掲載をされているのですが、作風がとにかくシュール全開です。
 
突然、突拍子もない展開をしたり、絶対にありえないでしょ!?というおかしなキャラクターが出てきたりするのですが、シュールながらもやみつきになってしまい、何度も読み込んでしまいます。
 
「女優への道と救済」もその意味不明な展開に釘付けなのですが、他の作品たちもおすすめなので、ぜひ一読してみてくださいね。

 

あなたはどんなWeb漫画がお好きですか?

 

今回はおすすめのWeb漫画を4つご紹介いたしましたが、ここではご紹介しきれないおもしろいWeb漫画がまだまだ沢山あります。
 
メジャー作品からマイナー作品まで、紙媒体で読むのももちろん楽しいですが、Webで活躍されている漫画家さん達にも要注目なのです!
 
ぜひスマホやパソコンで空き時間にサクッとWeb漫画を読んで、笑ったり感動したりしてくださいね!
 

 

スポンサーリンク

コメントを残す