.

共働きで旦那が家事や育児をしてくれない時は?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-09-AL008-5w1hyubisasu20140722500-thumb-1000xauto-5339

 

昔と違って最近は共働きの家庭が増えて、専業主婦のほうが珍しいくらいになってきましたね。でも、家事や育児に関しては、やっぱり女性の役割…といった認識が根強くあります。

 

若い世代を中心に、家事や育児に積極的な男性も増えてはいますが、一方で、全然動こうとしない旦那に妻がキレかけの家庭も多いとか!?

 

家庭は心を休める場所でありたいものです。険悪な空気にならないためにも、家事や育児は協力し合って、気持ちよく進めたいものですね。

 

スポンサーリンク
 

なぜ、家事や育児をしてくれないのか?

 

旦那が家庭の仕事を手伝ってくれなくて困っているという、妻の皆さん。まずは、なぜ旦那が動かないのか?理由を考えてみましょう。

 

一口に、家事や育児をしないと言っても、いろいろなタイプがあります。家事や育児は女性がするもの!という、時代錯誤な考えにとらわれている亭主関白タイプ。

 

あるいは、自分では十分やっているつもりだけど、妻から見れば全然足りない…という、勘違いタイプ。また、やる気はあるけどやり方が分からない家事能力欠如タイプや、やった方が良いのは分かっているけど面倒くさいので動かない、ものぐさタイプ。

 

このうち、もっとも改善が期待できるのは、勘違いタイプでしょう。足りないとは言え、家事に参加する意欲があり、ある程度はやり方も分かっているということですから。

 

あとは、徐々に旦那の家事分担を増やしていけば良いのです。また、家事能力欠如タイプやものぐさタイプは、少々厄介ではありますが、教育次第で変わる可能性がありますよ。

 

一番難しいのは、やはり亭主関白タイプです。

 

根本的な考えが食い違っていますので、なかなか妻の要望を聞き入れてくれないことが懸念されます。あなたの旦那さまは、どのタイプでしょうか?

 

スポンサーリンク

旦那を教育する

 

旦那は、教育するもの。家事や育児をしてくれないと愚痴をこぼすよりも、教育して、できる旦那に育てるのです。

 

ちょっと大変ではありますが、これからの長い人生、不満を抱きながら一人で家事・育児をこなすことを考えたら、いま教育しておいたほうが絶対お得!とは言え、どうやって教育したら良いの…?と思いますよね。

 

旦那を教育するポイントは「ホメて育てる」、これに尽きます。

 

やってくれたことに対してお礼を言うのはもちろん、「すごい、上手だね!」「私より手際が良いね」など、とにかくホメてあげましょう。

 

「俺、家事向いてるのかな」なんて、調子に乗ってくれたらしめたものです。できないことを責めたり、家事の手順が違うと文句を言うとヤル気を削ぐので、逆効果。どうしても直してほしいところは、「次からこうしてほしいな」と、やんわりお願いするようにしましょう。

 

特に家事能力欠如タイプは、家事の経験がほとんど無いわけですから、子どもに教えるつもりで優しく教育してくださいね。また、いちばん難しい亭主関白タイプには、「家事」と意識しない程度のことから始めてみましょう。

 

例えば、最初は洗濯物を取り込むだけ…とか。慣れてきたら、たたむのもお願いしたりと、自然に家事分担を増やしていってくださいね。

 

お子さんと一緒にたたんで貰うなど、子どもの教育の一環…みたいな感じにすると、旦那さまの抵抗感も薄らぐかもしれません。共働きの夫婦にとって、家事や育児の分担は大きな課題。

 

長い目で見て、徐々に理想に近づけていきましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す