.

葬式の香典の相場は?親、祖父母、親戚、知人、会社上司同僚など

 

葬式の香典に包む金額は、故人との関係の深さや、年齢によっても変わってきます。

 

一応の目安として、香典の金額の相場についてまとめてみました。

 

また、香典を渡す際のマナーについても紹介します。

 

スポンサーリンク
 

香典の金額の相場

 

・親:5万円~10万円/b>

・兄弟:3万円~5万円/b>

・祖父母:1万円~3万円

・親戚:5千円~3万円

・友人:5千円~1万円

・隣近所などの知人:3千円~5千円

・会社の同僚:5千円~1万円

・会社の上司:5千円~1万円

 

香典は、身内が亡くなった場合には、葬式費用の意味も含めて、少し多めに包みます。

 

親が亡くなった場合は、喪主以外の子どもであれば香典を出すのが一般的です。

 

会社関係や知人の場合は、目上の方には少なく、目下の方には多めの金額にしておくと良いでしょう。

 

目安となる金額は、年齢や立場によっても変わってきます。

 

たとえば会社関係の場合、贈り主の年齢が40代以上であれば、目安は1万円と考えたほうが良いでしょう。

 

立場によっては、それ以上の金額を包むこともあります。

 

スポンサーリンク

香典を渡す時のマナー

 

香典は、通夜または葬式のいずれかに参列する時に持参します。

 

香典袋の表書きは、故人の宗教に合わせて書くようにします。

 

宗教ごとの表書きの例は、以下の通りです。

 

仏教の場合:「御霊前」「御香典」「御香料」など。

 

キリスト教式の場合:「御霊前」「御花料」など。

 

神式の場合:「御霊前」「御玉串料」「御榊料」など。

 

なお、蓮の花の絵が描かれている香典袋は、仏教以外の宗教には使えませんので注意しましょう。

 

もし先方の宗教が分からない場合には、表書きは「御霊前」としてください。(コンビ二でも売っています)

 

「御霊前」であればどの宗教にも使えますので、失礼にあたりません。

 

香典袋の下段には、参列者の名前をフルネームで記入します。

 

夫婦で参列する場合は、夫の氏名だけでもかまいませんが、夫婦ともに故人と親しかった場合には、連名にしておくと良いでしょう。

 

また、中袋には、裏面に包んだ金額と住所氏名を書くようにします。

 

金額は漢数字で、頭に「金」を付けて書きます。

 

金額の後に「成」を付ける場合がありますが、これはあってもなくてもかまいません。

 

例えば3万円を包んだ場合、「金三万円」または「金三万円成」と書きます。

 

一、二、三の数字については、線を一本足すだけで金額を修正できてしまうため、不正が起こらないように「壱」「弐」「参」と書く慣例がありました。

 

しかし、最近では普通の漢数字で書く人が増えてきたので、あまり気にしなくても良いでしょう。

 

香典に包む金額の相場や、香典を持参する際のマナーについて紹介しました。

 

通夜や葬式の場面では、失礼のないようにしたいものですね。

 

金額についてはあくまで目安になりますが、一般的な金額をまとめています。

 

こちらを参考に、故人との関係や年齢を考慮して、金額を決めるようにしてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す