.

花粉の影響で肌が荒れることはある?対処方法など

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-01-CRI_IMG_6021500-thumb-1000xauto-5954

 

花粉症と言えば、鼻水や目のかゆみの症状が一般的ですが、実は肌が荒れることもあります。

 

春先はただでさえ肌のバランスが崩れやすく、憂鬱なのに、花粉まで影響するなんて困りますよね。

 

良い対処方法はあるのでしょうか?

 

スポンサーリンク
 

花粉で肌が荒れるのはなぜ?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-N112_kuchibiruwomottekuru-thumb-1000xauto-14448

 

花粉症の症状で多く見られるのは鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどですが、直接肌に触れた場合にも、アレルギー反応が起こります。

 

肌が荒れたり、かゆみやかぶれを引き起こしてしまう場合もあります。また、アトピー性皮膚炎の方の場合は、症状が悪化してしまうケースもあります。

 

春先は寒暖の差が激しく、肌のバランスが崩れやすい時期。花粉や黄砂など刺激も多く、更に環境の変化によるストレスなどが重なると、肌はとっても敏感な状態になってしまいます。

 

敏感なお肌は、刺激にも弱くなります。そんな春先には、花粉症ではない方でも、花粉によって肌のトラブルが起こってしまう可能性があります。

 

季節の変わり目だから仕方ない…と思っていた肌荒れも、もしかしたら花粉の影響かもしれません。

 

スポンサーリンク

花粉に負けないスキンケア

2015-07-14_110550

 

花粉による肌荒れ、対処方法はどのようにしたら良いのでしょうか?

 

スキンケアで、いくつか気をつけるポイントがありますので、紹介します。

 

花粉の影響を受けないためには、まずは花粉を寄せ付けないことが重要です。ファンデーションはパウダータイプのものを使用するか、リキッドファンデーションの場合には、上からパウダーをはたくようにしましょう。

 

常に肌の表面をサラッとした状態に保っておくと、花粉が付着しやすく、刺激を受けにくくなります。また、敏感になっているお肌には、いつも使っている化粧水がしみてしまう場合もあります。

 

かと言って、何もつけないのもお肌には良くありません。敏感な肌を落ち着かせるには、保湿がとっても重要なんです。

 

アルコールフリーのものなど、低刺激の化粧水でしっかりと保湿しましょう。普段から、肌が敏感な時にも安心して使えるブランドを探しておくと安心できます。

 

外へ出る時には、すっぴんよりも軽くお化粧をしたほうが、花粉からお肌を守ってくれます。と言っても、肌の表面がベタベタしていると、花粉が付着しやすくなってしまうので、メイクの仕上げにはパウダーを付けてくださいね。

 

常にお肌をサラサラにして、花粉を寄せ付けないようにしましょう。春先は刺激が多くて肌のバランスが崩れやすく、花粉の影響で肌荒れを起こすこともあるので要注意です。

 

スキンケアに気をつけて、花粉からお肌を守ってあげましょう。

 

関連記事

 

スポンサーリンク

コメントを残す