.

口の周りに吹き出物ができて痛い!原因や治し方

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-12-PAK75_suwetnensyuu20141109154956500-thumb-1000xauto-5764

 

口の周りに吹き出物ができてしまうと、喋ったり食事をする時にも痛くて、気になりますよね。

 

繰り返しできることも多い口の周りの吹き出物には、体の内側と外側、両方の原因が考えられます。

 

口の周りに吹き出物ができる原因や、できてしまった時の治し方について紹介します。

 

口の周りの吹き出物は内臓からのサイン!

 

内臓、特に胃や腸が荒れていると、口の周りに吹き出物が出やすくなります。

 

暴飲暴食をして胃に負担をかけていたり、ストレスによって胃腸の働きが低下していることも考えられます。

 

口の周りの吹き出物は、内臓が発している危険のサインなんですね。繰り返し吹き出物ができる場合は、慢性的に胃腸が荒れている証拠。

 

暴飲暴食は控えて、胃に優しくバランスの取れた食事を心がけてください。

 

リラックス、ストレス解消も大切

 

ストレスはなかなか取り除くことが難しいものですが、お風呂にゆっくりとつかったりして、リラックスできる時間を持ちましょう。

 

スポーツで汗を流すなど、体を動かすこともストレス解消につながりますので、おすすめです。

 

また、ビタミン不足も口の周りに吹き出物ができる原因となりますので、症状が気になる場合は、野菜ジュースやサプリメントでビタミンを補いましょう。

 

外側からの原因はズバリ、乾燥

 

吹き出物というと、皮脂が過剰なのではないかと思いがちですが、実は乾燥も良くないです。

 

口の周りって乾燥しやすいので、乾燥が原因で吹き出物ができることがあるのです。吹き出物ができる割に、口の周りがカサカサして荒れていると感じる場合は、しっかりと保湿をしましょう。

 

化粧品がしみるからと言って、洗顔後に何も付けずにいると逆効果です。乾燥でよけいに肌が荒れてしまって、治りが遅くなりますよ。吹き出物ができている時は、低刺激の化粧水やクリームで、優しくケアしてあげましょう。

 

なるべく触らない

 

口の周りは何かと触ってしまったり、刺激を受けやすい場所です。

 

吹き出物が悪化する原因になりますので、なるべく触らないように気をつけましょう。食事の際などに口の周りを吹く時も、そっと押さえるようにして、刺激しないようにしてくださいね。

 

まとめ

 

口の周りの吹き出物が繰り返しできる原因は、内臓の不調と肌の乾燥が一番の理由です。

 

バランスの良い食事とストレス解消を心がけ、胃腸の調子を整え、乾燥を避けるために化粧水やクリームで、しっかり保湿しましょう。

 

吹き出物ができる原因を取り除いて、一日も早く治したいものです。

 

関連記事

 

スポンサーリンク

コメントを残す