.

虫垂炎の時には食事制限が必要?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-04-PAK85_lalaonakaitaidesu20140321500-thumb-1000xauto-4469

 

虫垂炎になったら、食事制限ってあるのでしょうか?

 

お腹が痛くて、虫垂炎かな?と疑った経験のある人も多いと思います。

 

そんな時、どんな治療をするのか、食事制限は必要なのか、気になりますよね。

 

スポンサーリンク
 

虫垂炎の治療方法の違い

 

虫垂炎と診断された場合、大きく分けて手術をするか、投薬によって治療をするか、どちらかを選択することになります。

 

どちらの治療方法にもメリットとデメリットがあるので、症状の進行具合を見ながら、医師と相談の上で決定します。

 

そして、残念なことですが、どちらの治療方法を選択しても、食事制限は必要になってきます。

 

なぜなら、虫垂炎の治療のためには、消化管を休ませる必要があるからです。

 

そのため、手術の場合はもちろん、投薬治療によって炎症を抑える場合にも、食事制限が課せられるのです。

 

実際にどんな食事制限があるかというと、これは治療方法によって少し違ってきます。

 

手術の場合の食事制限

 

手術の場合、手術前には絶食をする必要があります。

 

加えて、手術後も、最初は絶食。点滴で栄養をとる形になります。

 

手術前から絶食しているので、食いしん坊の人にとっては辛い時間になりますが、ここはガマン。

 

食事の開始は、炎症の程度や回復力の違いによって個人差がありますが、基本的にお腹のガスが出たら食事を再開して良いとされています。

 

ただし、最初は流動食からスタートします。

 

いきなり普通の食事をとったりしたら、休ませていた消化管に負担がかかり過ぎますからね。

 

お茶や重湯、具なしのお味噌汁などを試していって、様子を見ながらお粥や、具の入ったお味噌汁へと移行します。

 

入院中は、こういった水分の多い食事が続くと考えたほうが良いでしょう。

 

順調であれば、退院後は自由に食事ができますが、いきなり油っこいものを食べたりせずに、胃に優しいものから慣らしていくようにしてくださいね。

 

投薬治療の場合の食事制限

 

投薬治療の場合、症状によって変わってきますが、入院して絶食しながら点滴で薬を入れるというケースもあります。

 

けっこう大がかりですよね。

 

でも、症状が軽ければ、通院だけで治療できます。

 

その場合にも、お粥だけの食事にしたり、消化管を休ませるための食事制限は必要になってきます。

 

炎症が治まって、医師から普通の食事をして良いと言われたら、消化の良いものから少しずつ戻していくようにしましょう。

 

食事制限は辛いですよね。

 

しかし、虫垂炎を早く、確実に治療するために必要なこと。

 

医師の指示に従ってきっちり治して、早く美味しいものが心置きなく食べられるようになると良いですね!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す