.

おならが臭くないけど止まらない時には呑気症の可能性があり危険!

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-11-DI_IMG_5648500-thumb-1000xauto-5656

 

おならって臭いし音がするし、人前で出ちゃうと恥ずかしいものです。

 

でも、実はおならにも臭いおならと、臭くないおならがあるということをご存知ですか?

 

臭いおならが出る場合、いろいろと病気が潜んでいることも考えられますが、臭くないおならでも、頻繁に出て止まらないようなケースには注意が必要です。

 

臭いおならと臭くないおなら

2015-07-13_165027

 

私たちの腸の中には、善玉菌と悪玉菌が存在します。善玉菌は、ビフィズス菌や乳酸菌など、腸内を健康な状態に整えてくれる良い菌。

 

いっぽう悪玉菌は、ウェルシュ菌や大腸菌など、発がん性物質を生み出してしまう悪い菌です。善玉菌が活発に働いていると、食べた物は分解されて、二酸化炭素や水蒸気が発生します。

 

この様な時に出るおならは、ほとんどが無臭です。

 

しかし、悪玉菌が優勢になっていると消化不良になり、消化しきれない食べ物が悪玉菌によって腐敗して、アンモニアや硫化水素が発生します。これが、臭いおならの正体なんです。

 

特に、肉類を食べた後にはタンパク質を分解することにより、強烈な臭いを発します。

 

臭くないおならにも注意が必要?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-N112_kuchibiruwomottekuru-thumb-1000xauto-14448

 

臭くないおならが出ていれば、腸内環境は健康であると推察できます。

 

ただし、おならが頻繁に出る、止まらなくて困る…というような状態ならば、呑気症という病気である可能性もあります。

 

呑気症とは、無意識に大量の空気を飲み込んでしまうことにより、胃に空気がたまってお腹が張ったり、不快感や痛みを伴う病気のこと。

 

体内に空気がたくさんたまるので、ゲップやおならの回数が極端に多くなります。多くの場合、緊張やストレスなど、精神的なものが原因となって起こります。

 

また、炭酸飲料の飲み過ぎや、早食いによって空気を飲み込み過ぎる人にも、同様の症状が見られることがありますよ。

 

止まらないおならを改善するには

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-CRI_IMG_6067-thumb-1000xauto-18014

 

呑気症を治すには、まずはリラックスすることが第一。精神科で、カウンセリングや薬物療法を受けると効果的です。

 

今は、精神科も気軽に行けるようになっているので、内科に行くのと同じ感覚で診断を受けてみてください。

 

また、緊張のために歯を噛みしめ過ぎて、結果として空気を飲み込んでしまっている人も多いので、マウスピースを使って歯の噛みしめ具合を調節すると、改善されるケースもあります。

 

炭酸飲料の飲み過ぎや早食いが原因と考えられる場合には、炭酸飲料を控えたり、ゆっくり落ち着いて食事をするよう心がけるだけでも、おならの回数を減らすことができますよ。

 

臭くないおならでも、止まらないおならは嫌なもの。

 

呑気症という病気である可能性もあるので、心配な場合は病院で相談してみてください。

 

関連記事

 

スポンサーリンク

コメントを残す