.

秋が旬のフルーツの食べ頃な時期や保存方法を把握しておこう!

 

押し寄せる食欲が止まらない秋、特に今の時期は甘くてジューシーで旬なフルーツがたくさん!

 

今回は、秋の味覚の代表の一つであるフルーツの食べごろな時期と保存方法などについてまとめています。

 

スポンサーリンク
 

秋が旬のフルーツ達をご紹介


 

だいたい9月〜11月の秋と呼ばれる時期に旬を迎えるフルーツを一覧にしています。

 

最近は一年中お店に置いてあるものも多いですが、ちゃんと旬の時期は存在します。

 

一番多く流通する時期=一般的に一番旬な食べごろの時期を表しています。

 

早めの時期だとまだ少し甘味が足りなかったり固かったりするので、一番流通している時期を把握して美味しい時期を逃さずに食べたいですね。

 

・食べごろ時期 9月〜11月

 

・一番多く流通する時期 9月〜10月

 

ホクホクの甘い栗ご飯を食べられるのは9月〜10月の間ですね。

 

これは案外知られていないと思いますが、栗は実は“ナッツの一種”に分類されます。

 

私たちが果実としていつも食べている部分は発達した種の中身で、“栗の実”に当たる部分はイガの部分を指します。

 

なし

・食べごろ時期 8~10月

 

・一番多く流通する時期 9月

 

近年は梨から想像されるのはふなっしーだと答える方が多いと思いますが、実際の梨の年間収穫量は千葉県がダントツの1位で、その数は3万4000トンにも上ります。

 

時点の茨城県は2万6500トンになります。

 

いちじく

・食べごろ時期 8月〜10月

 

・一番多く流通する時期 8〜9月

 

いちじくには血圧を下げる“カリウム”が多く含まれます。

 

食物繊維も多く含まれているのでとても健康に良い効能を持つフルーツです。

 

ぶどう

・食べごろ時期 7月〜10月

 

・一番多く流通する時期 8月〜9月

 

ブドウはとてもたくさんの品種があり、世界中で10000種類にも及ぶブドウが存在すると言われます。

 

その中でもブドウは3色に色分けされており『赤』『黒』『緑(白)』とされています。

 

疲労を回復することで有名な“ブドウ糖”ももちろん成分に含まれますので、たくさん食べて摂取したいですね!

 

洋なし

・食べごろ時期 9月〜12月

 

・一番多く流通する時期11月

 

なかなか食べごろが解りづらい洋なしですが、全体が黄色くなってきて軸の周りを触ってみて柔らかさを感じた頃が食べ頃です。

 

軸が乾燥し、茶色くなってくるのも食べごろのサインですので見逃さないようにしましょう。

 

かき

・食べごろ時期 9月〜12月

 

・一番多く流通する時期 10月

 

柿には、とても多くのビタミンCが含まれています。

 

風邪予防や美肌効果が期待できるフルーツなのでぜひとも食べておきたいところですね!

 

みかん

・食べごろ時期 10月〜翌年の2月

 

・一番多く流通する時期 12月

 

ハウスみかんのおかげでほぼ年間通して見かけることができるみかんですが、自然のものは秋から冬にかけてがシーズンとなります。

 

フルーツの賢い保存方法とは?

 

『フルーツを買ったは良いけれど、全部は食べきれない』『せっかく毎年沢山もらうのにダメにしてしまう』など、保存方法について困っている方もいらっしゃると思います。

 

生で食べる他にも傷ませることなく、美味しく最後まで美味しく食べられる賢い保存方法を2つ紹介します。

 

凍らせる


出典:http://data.whicdn.com

 

フルーツを凍らせてシャーベット状にしてしまいましょう!

 

そのまま食べても生とは違うシャリシャリとした触感が美味しいですし、カキなどは実が崩れないので解凍してそのまま使えます。

 

ブドウ類はシャーベット状のままワインに入れるととってもオシャレな飲み物に大変身です。

 

コンポート(ジャム)にする

 

砂糖と一緒に煮詰めてコンポートにしましょう!

 

シロップを作りたいときは適量の水を入れてくださいね。

 

フルーツのコンポートはヨーグルトに入れたりパンにのせたり、いろいろと応用ができますよ。

 

また、隠し味にワインやレモンを少量入れると味が整います。

 

果物狩りに行こう♪

 

フルーツの食べごろの時期といえば、美味しくい頂く他にも果物狩りに行くと言うお楽しみもありますね!

 

今からですと、丁度10月の連休は旬を迎えているフルーツが多いので良い時期です。

 

最近は果物狩りのオプションでバーベキューができたりやキャンプ施設を併設している場所もあり、ご家族やお友達ともぎたてのフルーツと一緒に焼きたてのお肉をワイワイ楽しむこともできますよ!

 

※果物の出来や収穫量などは、その年の気候などにより変化がありますので予定を立てる際には農園等に必ずお問い合わせをして確認を取るようにしましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

フルーツは美肌になる効能やビタミン、そしてものによっては食物繊維もたくさん含まれているので、特に女性に嬉しい効果が期待できるものがたくさんあります。

 

朝食に・食後のデザートに一日一回はフルーツを食べる習慣を付けることはとっても理想的ですよね!

 

みなさんも、旬の味覚である様々なフルーツをたくさん食べて美味しい秋を感じましょう。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す