.

クリックポストやスマートレターとは?少しでも得に荷物を送る方法

箱
出典:http://data.whicdn.com

 

オークションや個人での荷物のやり取りなどの際、困るのは発送方法と運賃です。

 

取引相手の為にもできるだけ安く、便利な方法を探しては見た物の、結局どの方法が1番ベストな方法かが分からずに、宅配便を使ってしまうと言う方も少なくないのではないでしょうか?

 

しかし、少しでも運賃がお得になれば、受け取り側にもとても気持ちよく取引を完了してもらう事ができます。

 

個人利用可能で特に使い勝手が便利な発送媒体を以下にご紹介します。

 

薄い書類〜小包サイズのものを送る

 

2015年、今年の春からヤマトメール便が廃止になってしまいました。

 

厚み・大きさの条件さえ合いるときは便利でヘビロテだったのに・・・と、嘆く方も多いでしょう。

 

分類は少し細かくなりますが、メール便に代わるべくサービスを各社がいろいろ展開しています。

 

スマートレター

スマートレター
出典:http://www.post.japanpost.jp

 

◇一律180円で厚み2cm/1㎏以下の荷物を発送できる。

 

2cm以下に納めないといけない事と、封筒がA5サイズで少し小さいのが難点ですが、小さめのものを発送する時には縛りが少なくて便利です。

 

追跡はできませんが、信書での利用可能です。

 

◆詳細はこちらのホームページでご確認ください。

 

クリックポスト

クリックポスト
出典:http://rakuten-point.com

 

◇一律164円。34×25×3cm以下/1㎏までの荷物を発送できます。

 

封筒サイズもスマートレターに比べて一回り強く大きく運賃もお得です。

 

しかし、クリックポストの専用サイトに登録をして、さらに受取人の登録・送り状の自主作成と運賃の支払いをYahoo!ウォレットでしなくてはいけないという条件があります。

 

また、専用の送り状を印刷するためにプリンターがある環境は必須となります。

 

追跡可能・信書不可になります。

 

◆詳細はこちらのホームページでご確認ください。

 

箱BOON

はこぶん
出典:http://torisedo.com

 

◇494円〜、3辺の長さの合計が160㎝以下/25㎏までの荷物を送ることができます。

 

上記の「スマートレター」や「クリックポスト」の2種では対応していない2㎏を超えるものも発送ができる。

 

YahooのIDを使って提携している専用サイトに登録発送先の登録と送り状の自主作成が必須になります。

 

発送はお近くのファミリーマートで受付をしています。

 

三辺の合計が160㎝以下であれば25㎏までの重さの制限は無し、と言うことは割と応用がききそうなサービスです。

 

しかし、せっかく使えそうなのにファミリーマートでのみ受付となると利用できる人がどうしても限られてしまいます。

 

ちなみに、こちらも専用の送り状の印刷のためにプリンタの環境は必須です。

 

◆詳細はこちらのホームページでご確認ください。

 

ゆうメール

ゆうめーる
出典:https://www.t.kyoto-u.ac.jp/ja

 

◇150円〜、3㎏以下の印字物・CD・DVDのみを送ることができる。

 

発送の際、制約が多いので少し使いづらい印象があります。

 

印字物のみなので手書きのメモなども封入できません。

 

逆に、送るものが漠然と冊子やCDと決まっている場合にはお得なサービスです。

 

カレンダーなどの筒状の印刷物も可能です。

 

速達や代引き、書留などのオプションサービス有り・信書不可になります。

 

※ゆうメールの場合、中身が印刷物であるという証明が必要なので、発送する前に封筒に切れ込みを入れたり、封筒の一部透明にするなどをして中が見えるようにする・窓口で局員の方に中身を見せる等が必要になります。

 

◆詳細はこちらのホームページでご確認ください。

 

宅配便・宅急便を使って大きなものを送る

小包
出典:http://data.whicdn.com

 

上記では小さな荷物をご紹介しましたが、大きな荷物を送るとなると値段もグッと上がってきてしまいます。

 

やはり少しでもコストは抑えたいところです。

 

そこで、少しでもお得に発送をする為には、宅配サービスなどの営業所持ち込みを活用すると100円割引になるので、近所にお住まいの方はどんどん活用しましょう。

 

郵便局に持ち込みをした場合、持ち込み割引のほかに、直近6か月位以内に同じ人物に発送した場合60円の割引。(以前送った時のゆうパックのラベルの提示が必要になります。)

 

そして、持ち込みが同一宛先に対し、複数小口がある場合には、1個につき60円の割引となります。

 

レターパックプラスが凄い!

 

レターパックプラスの何が凄いのかと言うと、“袋がA4サイズの原型を留めてさえいれば形の変形が可能”と言うところです。

 

レターパックプラス
出典:http://www.eonet.ne.jp

 

立体型に変身!

 

レターパックプラス02
出典:http://www.eonet.ne.jp/~fire1119/ex04.html

 

こんなオシャレな形にも!!

 

工作が得意な方はぜひトライしてみてください。

 

ちなみにレターパックプラスは、A4サイズで厚みの制限なしで4㎏までの荷物を一律500円で発送することができます。

 

いろいろと組み合わせて工夫をすればコストが下がる!

ギフト
出典:http://data.whicdn.com

 

いかがでしたか?

 

発送コストを抑えるための方法は意外とたくさんあるものです。

 

多少準備に手間がかかるものなどもありますが、いろいろなサービスをフルに活用してみて、少しでもお得に気持ちよく荷物のやり取りができると良いですよね。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す