.

薄毛改善の為の食事対策や効果的な食事方法!

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-06-MAX98_jidoriharf20140531500-thumb-1000xauto-4962

 

薄毛を改善するための食事対策って、どんなものがあるのでしょうか。

 

食事の内容や量、食べるタイミングによって、薄毛になりやすかったり、なりにくかったりするんですよね。

 

薄毛の予防・改善に効果的な食事の仕方について、まとめてみました。

 

薄毛になりやすい食事とは?

 

薄毛の方に多い特徴として、外食がちだったり、脂っこいものを好んで食べたり、食事に偏りがあることが挙げられます。

 

このような食生活では、皮脂の分泌が盛んになり、毛穴を詰まらせるので、髪に良くありません。よく、一人暮らしを始めてから薄毛が進んだという話を聞きますが、これは外食が多くなることが原因なんですね。

 

一人でもなるべく自炊をするようにして、バランスの良い食事を心がけましょう。

 

食事の量にも注意

 

食事の量にも気をつけなくてはいけません。食べすぎると肥満になり、血流が悪くなって、髪に栄養素が行き渡らなくなってしまいます。

 

肥満は皮脂の過剰分泌を引き起こしたり、汗もかきやすくなってしまうので、毛穴が詰まって薄毛・抜け毛の原因となります。かと言って、食事の量が少なすぎるのも良くありません。

 

過剰なダイエットなどで栄養不足になると、髪に栄養が行き渡らなくなるので、薄毛の原因となってしまいます。ダイエットをする時も、必要な栄養素はきちんと摂るようにしてくださいね。

 

薄毛になりにくい食べるタイミング

 

最後に、食べるタイミングについて。

 

不規則な食事は髪に良くないのですが、特に、深夜や寝る直前の食事はNG。寝る時に胃に未消化のものが入っていると、胃に血液が集中します。

 

寝入りばなの夜10時~深夜2時までの時間帯は、新陳代謝がもっとも活発になる時間です。この時に、胃に血液が集中すると、髪に栄養が行きにくくなり、薄毛の原因になります。

 

薄毛になりにくい食事の仕方

 

以上のことを踏まえて、薄毛を予防・改善するための食事の仕方をまとめると…まず、バランスの良い食事を心がけ、三食きっちりと食べること。

 

髪を作るために必要な三大栄養素、タンパク質・亜鉛・ビタミンを積極的に取り入れつつ、食事が偏らないように気をつけましょう。

 

ちなみに、薄毛に良くないものとして、辛いものなど刺激の強い食べ物、アルコール、動物性脂肪の過剰摂取などが挙げられます。

 

辛いものやお酒が好きな人、肉中心の食事になってしまっている人は、食生活を見直しましょう。

 

規則正しい生活習慣とバランスの取れた食事を

 

食べすぎや、過剰なダイエットは禁物。食事は腹八分目を心がけ、適度な量を食べるようにしてくださいね。

 

そして、朝・昼・晩と、規則正しく食事をしましょう。夜寝る前の食事は極力避けてくださいね。寝る2時間前には、夕食を終えておくのが理想です。

 

薄毛の食事対策について考えると、結局は体に良い食生活というところにたどり着きます。バランス良く、規則正しい食事を取ることが、健やかな体を作り、結果的には髪にも良いということになります。

 

薄毛になりにくい食事の仕方を心がけ、健康的な生活を送りましょう。

 

関連記事

 

スポンサーリンク

コメントを残す