.

最近薄くなってない?薄毛の原因や対策方法はある?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-06-MAX98_jidoriharf20140531500-thumb-1000xauto-4962

 

薄毛の原因は様々で、複数の原因が重なっている場合も多いんですよね。なので、対策方法もいろいろ。

 

まずは、自分の薄毛の原因を知って、対策方法に取り組んでみてくださいね!

 

薄毛の原因

 

薄毛の原因は、生活習慣によるものと、遺伝によるものの2つに分けられます。このうち、生活習慣による薄毛は、食生活などを見直すことにより、かなり改善が期待できます。

 

髪の三大栄養素って、ご存知ですか?

 

タンパク質、亜鉛、ビタミンが、髪の三大栄養素と呼ばれています。髪の毛のもととなるタンパク質、タンパク質を髪に届ける役割をする亜鉛、髪の代謝を助けるビタミン。

 

これらが不足したり、バランスが乱れていると、薄毛の原因となってしまいます。そのほか、薄毛になりやすい生活習慣は、睡眠不足や過度の飲酒・喫煙、不適切なヘアケア、ストレスなど。

 

特に、円形脱毛症の方の多くは、ストレスが原因となっています。

 

遺伝による薄毛

 

次に、遺伝による薄毛ですが、これは世間でもよく言われているように、男性ホルモンが関係しています。薄毛に深く関わっているのは、男性ホルモンの中でも、「テストステロン」というホルモンです。

 

これが、毛乳頭などに潜む5αリダクターゼという因子と結びつくと、ジヒドロテストステロンというホルモンに変質して発毛を阻害するのです。

 

年を取ると、男性ホルモンが減少するのですが、これを補うために、ジヒドロテストステロンが増加する傾向があります。そのため、男性ホルモンの分泌が盛んな思春期には薄毛にならないのに、男性ホルモンが減少し始める30代以降に薄毛になる人が多いんですね。

 

スポンサーリンク

薄毛の対策

 

薄毛を防ぐ、あるいは改善する対策としては、やはり生活習慣の見直しということになってきます。遺伝が原因の場合でも、複合要素として生活習慣が関係している場合が多いからです。

 

髪の三大栄養素であるタンパク質、亜鉛、ビタミンを中心に、バランスの良い食生活を心がけましょう。あくまでバランスが大事ですので、摂り過ぎも禁物ですよ!

 

タンパク質が髪に良いからと言って、肉中心の食事なども良くありません。バランス良く、三食きちんと食べることを心がけましょう。

 

適度な運動も大事

 

また、適度な運動を取り入れて、血行を促進しましょう。筋肉が衰えていると、血流が悪くなって新陳代謝が阻害されます。

 

軽いウォーキングなどでも良いので、毎日の生活の中でできる運動を取り入れるようにしてくださいね。

 

早めに就寝することも大切

 

運動による心地良い体の疲れを感じながら、夜は早めに眠るようにしましょう。新陳代謝を高めるには、夜の10時から深夜2時までの間に睡眠をとることが大切です。

 

この時間に、ダラダラと深夜番組を見ているなんて、もったいない!

 

疲れは残るし、髪にも良くないし、良いことなんてないですよ。必要なことを済ませたら、夜更かしせず早めに布団に入るようにしましょうね。

 

間違ったヘアケア

 

薄毛を促進させる間違ったヘアケアは、髪の洗い過ぎやすすぎ不足など。

 

もちろん、不潔にしているのも良くないですが、洗い過ぎも頭皮を傷めたり、皮脂の過剰分泌を招いて良くありません。洗髪は、一日一回で十分ですよ。

 

また、シャンプーの成分が残っていると薄毛や抜け毛につながりますので、すすぎは十分に行いましょう。

 

ストレス

 

最後にストレスですが、ストレスは血管の収縮を引き起こすので、栄養が髪に届きにくくなり、薄毛の原因となってしまいます。

 

生活の中からストレスを取り除くのはなかなか難しいことですが、なるべく発散させるようにして、ストレスを貯めないよう心がけましょう。

 

薄毛の原因まとめ

 

薄毛の原因と対策についてまとめてみました。

 

ざっくり言うと…健康的で、規則正しい生活。これが、薄毛の対策方法になります。

 

薄毛だけでなく、生活習慣病などの予防にもつながりますから、前向きに取り組んでみてください。

 

関連記事
  • 若禿げ(若ハゲ)が気になってきた!はげが気をつけるべきこと

 

スポンサーリンク

コメントを残す