.

ホワイトデーのお返しに悩む!本命の彼女にはマカロンがお勧め

ホワイトデー1
出典: http://www.photo-ac.com

 

バレンタイン・デーでチョコをもらった彼女に、必ず渡す「お返し」。

 

毎年悩むという男性も多いのでは?期待されているお返しだからこそ、失敗はできないもの・・・

 

失敗しないためのヒントをご紹介します。

 

渡す時期

ホワイトデー2
出典: http://www.photo-ac.com

 

当たり前のことですが意外と忘れがちな「渡す時期」。必ず3月14日より以前のデートで渡すようにしましょう。

 

どんなに素敵なお返しを用意しても、遅れてしまっては価値が半減どころか、大きくがっかりされてしまう危険大です。

 

たった一日遅れでも、15日に渡してはダメなのです。必ず14日以前に渡せるよう心がけましょう。

 

どうしてもタイミングが合わない、会えない事情がある場合、1~2週間ほどなら、早めに渡してしまうほうが良いでしょう。

 

プレゼントは郵送で渡し、数日後にデートをする、という方法もあります。

 

ホワイトデーに最適なお菓子とは

 

キャンディ、チョコレート、クッキー、マシュマロ、マカロン・・・ホワイトデーのお返しにと考えられるお菓子。

 

彼女に喜んでもらえるのは、どんなお菓子でしょうか?それぞれのお菓子について考えてみましょう。

 

キャンディ

 

昔はホワイトデーといえばキャンディでした。定番中の定番ですね。

 

実際はどうでしょう?実はキャンディをもらってうれしいと思う女性、以外と少ないようです。

 

子供っぽい、芸がない、という印象に加えて、「キャンディばかりそんなに食べられないから。」という意見も多いようです。

 

キャンディを贈りたい場合、別のお菓子やプレゼントと組み合わせるのが良いでしょう。

 

チョコレート

 

普段チョコレートが好き、という女性は多いです。

 

ただ、気を付けたいのは「チョコをあげたら同じようなものが返ってきた」と思われてしまうことです。

 

ホワイトデーのお返しでは、「バレンタインと同じにならないこと」に注意する必要があります。

 

贈る場合は、ありきたりなものにならないよう、お店びから始まり、趣味嗜好など、彼女の好みをサーチした上で、可愛らしい外見など女性らしさを意識して選ぶと良いでしょう。

 

クッキー

ホワイトデー3
出典: http://www.photo-ac.com

 

ホワイトデーのお返しの中でも人気が高いのが、このクッキー。食べごたえもあり、ホワイトデーにもらって嬉しい!と感じる女性も多いようです。

 

ただし、普段のお菓子と同じにならないよう、高級感・特別感を意識して選ぶと良いでしょう。

 

可愛らしい外見、質の良いもの、レアものなど、普段自分では買わないような、ワンランク上のものを選ぶと喜ばれます。

 

マシュマロ

 

可愛らしいイメージのマシュマロ、お返しにはどうでしょうか?

 

実はこのマシュマロ、ホワイトデーのお返しに関しては避けた方が無難です。

 

諸説ありますが、マシュマロはすぐ溶けることから、「あなたが嫌い」という意味があると言われています。

 

好きな人に誤解をされてしまっては大変です。

 

彼女が異例のマシュマロ好き!という場合でない限り、マシュマロは辞めましょう。

 

マカロン

ホワイトデー4
出典: http://www.photo-ac.com

 

近年人気急上昇中のマカロン。ホワイトデーのお返しとしても、一押しアイテムです。

 

このマカロン、「あなたは特別な人」という意味があると言われるからです。

 

マカロンは単価も高めなことから、食べたくても普段はなかなか買えない、自分の為に買うことはない、という女性も多いです。

 

売られているのもデパートや洋菓子店など限られていることから、それだけで特別感があります。

 

見た目も可愛らしく、いろんな種類もありますので、彼女の好みに合わせたものを選ぶと良いでしょう。

 

ただ、一部マカロン好きではない、という女性もいますので、事前に彼女の志向をリサーチしておく必要はあります。

 

 

どのお菓子にも言えることですが、一番大切なのは「彼女本人の好み」です。

 

一般的な情報ばかりを過信せず、それとなく彼女の好みを探っておくことが大切です。

 

ダイエットをしているなど、お菓子そのものがNGの場合もまれにありますので、彼女のことを考えたお返しができるよう注意を払いましょう。

 

お菓子+プレゼント

 

相手との関係性にもよりますが、本命のお返しにはお菓子だけでなく、合わせてプレゼントを渡すとより、喜んでもらえるでしょう。

 

どんなプレゼントをもらうと女性は嬉しいの?その疑問にお答えします。

 

お花

ホワイトデー5
出典: http://www.photo-ac.com

 

女性はロマンティックなことが大好き。大きな花束を渡すのが気恥ずかしい場合は、小ぶりのブーケを作ってもらったり、一輪の花を渡す、という方法もあります。

 

お花屋さんで相談すれば、希望に添ったアレンジで作ってもらえます。

 

作りたい雰囲気や彼女の好きな色なども伝えると良いでしょう。

 

彼女の好きな花を知っている場合は、ぜひそのお花を入れましょう。

 

一段と喜んでもらえるハズです。生の花よりは記念に残るものを・・・という時はブリザーブドフラワーをプレゼントするのも良いでしょう。

 

アクセサリー

ホワイトデー6
出典 : http://www.photo-ac.com

 

アクセサリーをもらって嬉しくない女性はいないとも言えるでしょう。

 

リング、ネックレス、ピアス、ブレスレットなどの中から、彼女が一番長く身に着けてくれそうなものを選びましょう。

 

一般的に一番受けが良いのはリングですが、職業上身に着けられないことなどもありますので、確認しておきましょう。

 

彼女の好みが分からない場合は、シンプル目なデザインにしておくのが良いです。

 

デザイン物は好みに左右される為、しっかりと好みを把握している場合を除き、失敗する恐れがあるからです。

 

また、金属アレルギーの有無も確認しておきましょう。

 

 

食事や小旅行

 

物を渡すだけがプレゼントではありません。

 

特別なお店での特別感のある食事や、ちょっとした小旅行に誘うのも良いでしょう。

 

旅行の場合は、少しロマンティックな要素のある行先にすると尚良いでしょう。

 

意外と受けが悪いプレゼント

 

日用品

 

ホワイトデーのお返しというのは、「彼女が必要な物を買ってあげる」こととは違います。

 

いくら彼女が欲しいと言っていたとしても、はっきりとリクエストされた場合を除き、日用品は辞めておくのが無難です。

 

個人の考え方にもよりますが、たいていの場合、「プレゼントにこれは欲しくなかったな」となってしまいます。

 

働いている女性は必要なものは自分で変えることがほとんどですので、プレゼントには非日常的な、ロマンティックなものを贈りましょう。

 

どうしても買ってあげたいものがある場合は、プレゼントとしてではなく、「心配だったから」と、ホワイトデー関係なく買ってあげた方が良いです。

 

洋服

 

洋服は細かい好みがハッキリしていますので、一方的に「プレゼント」として渡すのにはあまりにも困難な要素がありすぎます。

 

サイズが合わない場合もありますし、何より本人が気に入って買わないことには意味がありません。

 

どうしても洋服、という場合には、彼女と一緒に買いに行くのが良いです。

 

香水など、フレグランス関係

ホワイトデー7
出典: http://www.photo-ac.com

 

香水など、香り物の商品は好みが分かれるので、はっきりとした銘柄が分かっている場合以外は、避けた方が無難です。

 

その香りを体が受け付けない場合、全く使うことができない場合も多いです。

 

本人ですらどんな香りが好きなのか、分かっていない場合も多いですから、他人がプレゼントするにはリスクが多すぎます。

 

どんなに高価なものであっても、プレゼントはしないほうがベターです。

 

下着

ホワイトデー8
出典: http://www.photo-ac.com

 

相手との関係性や性格にもよりますが、避けた方が良いです。「ひいてしまう・・・」という女性も多いようです。

 

それは、「自分の好みの押し付けになりがち」だからです。

 

どうしてもという場合は、彼女と一度相談してみることをお勧めします。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

女性と男性の心理には差があるものです。

 

ポイントを押さえて、今年は彼女のハートを掴み、株が上がるようなお返しを目指しましょう。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す