.

胎教におすすめの音楽集!クラシックやモーツァルトがお勧め?

胎教1
出典 : http://www.photo-ac.com

 

妊娠したら誰もが一度は考える「胎教」。

 

これから育って生まれてくる赤ちゃんのことを考えると、それだけでワクワクしますよね。

 

しかし「胎教」とは実際にどんなことをすれば良いのでしょうか?

 

胎教はいつから始める?効果は・・・?

 

胎教を始めるのは、胎児の耳が聞こえ始めると言われる、妊娠5か月くらいからが良いでしょう。

 

このころになると赤ちゃんは、お母さんの声を聞き分けます。

 

お母さんがリラックスして、幸せな気持ちになれば、全て赤ちゃんにも伝わり、赤ちゃんの心の安定、成長にも繋がります。

 

胎教を行うことにより、情緒が安定した穏やかな、心の豊かな子に育つと言われています。

 

胎教とはただ音楽を聴くだけでなく、赤ちゃんと話しかけるなど、胎児とお母さんのコミュニケーション全般をさします。

 

まずはたくさん話しかけてみましょう

 

胎教2
出典: http://www.photo-ac.com

 

まずは赤ちゃんにたくさん話しかけてみましょう。

 

最初は少し照れくさいですが、赤ちゃんとおしゃべりしていると思うと楽しくなります。

 

この時、おなかを撫でたり、手でポンポンと軽くリズムをとってみたりするのも良いでしょう。

 

胎動が感じられるようになると、赤ちゃんとリズム遊びなどもできるようになります。

 

歌を口ずさむのも良いでしょう。 赤ちゃんの呼び名を考えて呼びかけてあげるのも良いです。

 

音楽は何を聴けばよい?

 

音楽は、特にこれと決まっているわけではなく、お母さんがリラックスでき、ストレスのない状態になれることが一番です。

 

インスピレーションが大切ですので、その時直観で、これが聴きたい!と感じたものを聴くのが良いでしょう。

 

一般的に良いとされているものも良いですが、一番はお母さんがストレスなく、音楽を楽しめることです。

 

お母さんが好きなジャンルがあればそれで構わないのです。

 

クラシック音楽のお勧め

 

一般的にはクラシック音楽など、ヒーリング効果が高いものを聴くと心が安定すると言われています。

 

今までクラシックなんて聞いたことない!という場合も、いくつか聴いているうちに好きと思える曲に出会えることもありますので、まずは「クラシックなんて、堅苦しい!」と思わず、何でも聞いてみるのが良いでしょう。

 

モーツァルト

胎教3
出典: http://www.amazon.co.jp

 

胎教と言えばモーツァルトです。モーツァルトの音楽は子供の脳に良い影響を与えるとも言われています。

 

モーツァルトの曲を聴くと、α派が多く出るとも言われています。

 

科学的な根拠はないとされますが、モーツァルトの音楽に子供が反応するという事実はあります。

 

●モーツァルトの曲に不協和音はあまり出てこず、ほとんどが規則正しい和声です。

 

そのため聴いていて気持ちが落ち着くのです。優しく、軽やで可愛らしい雰囲気の曲も多く、子供たちはそういった雰囲気の曲を好みます。

 

●他の有名作曲家の曲に比べて、一定したテンポが繰り返されることが多いです。

 

気分の浮き沈みが少ない曲が多いのです。激しいパッセージなども少ない傾向で、落ち着いた気分で安心して聴くことができます。

 

そのため、BGMに使われることも多く、何かの作業の妨げになることも少ないです。

 

モーツァルトの曲は700曲以上もあり、膨大な数の曲があります。

 

その中から、胎教におすすめの曲をいくつかご紹介します。

 

●きらきら星変奏曲:

 

聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。あの「きらきら星」の変奏曲です。楽しみながら聴くことができます。

 

●クラリネット協奏曲 イ長調:

 

クラリネットの優しい音色で、優しい気持ちになれます。

 

●フルートとハープのための協奏曲 :

 

 

ハープの音が可愛らしく、幸福に満ちたような曲です。これからの幸せな生活を思い浮かべながら聴くと良いでしょう。

 

●ピアノソナタ K331 第1楽章:

 

穏やかで優しい気持ちなれる曲です、寝る前にもおすすめです。

 

バッハ

胎教4
出典: http://www.amazon.co.jp

 

胎教というとモーツァルトばかりクローズアップされ、なかなか取り上げられることがないですが、バッハもおすすめです。

 

モーツァルト同様、不協和音はほぼなく、テンポも一定、激しい盛り上がりなどがないので、落ち着いた気持ちになれ、眠る前にも最適です。

 

神聖な気持ちになれる曲が多く、心が洗われるような気分になれます。

 

古楽器であるチェンバロを使ったバージョンもあり、他のクラシック曲とは一味違った雰囲気も味わえます。

 

おすすめの曲

 

●主よ人の望みの喜びよ

 

●「平均律クラヴィーア曲集」プレリュード ハ長調:

 

どちらも一度は耳にしたことがある曲でしょう。神聖な気分になれます。

 

●チェロソナタ ニ長調:

 

あまり有名ではありませんが、チェロの優しい音色に癒しの効果があり、一押しの曲です。

ショパン

 

ショパンはクラシックの中でも人気が高く、知っている曲があるという人も多いでしょう。

 

とっつき易いものも多いので、まず何か試に聴いてみたいという場合、ショパンから聴いてみるのも良いでしょう。

 

優雅な気持ちになれる曲も多く、お料理など家事をする時にかけておくこともお勧めです。

 

おすすめの曲

 

●ノクターン第2番:

 

浅田真央選手がオリンピックで使用したことでも有名なこちらの曲。

 

聴いたことがない人いないともいえるほど、人気の曲です。優しく穏やかな曲調は胎教にもぴったりです。

 

●雨だれのプレリュード:

 

雨音をイメージすることができるこの曲。雨の日に静かに聴いてみるのもおすすめです。

 

●ワルツ第1番「華麗なる大円舞曲」:

 

可愛らしく優雅なイメージのこちらのワルツは、楽しい気分になれるでしょう。

 

ワルツは全部で十数曲ありますので、お好きなものを見つけるのも良いでしょう。

他の作曲家

 

おすすめの曲

 

●リスト 愛の夢第3番:

 

愛の夢というタイトルそのまま、愛をテーマにした曲です。赤ちゃんへの愛情を感じながら聴いてみると良いでしょう。

 

●エルガー 愛のあいさつ :

 

優しく温かく、愛に満ち溢れた曲です。

 

●シューベルト ピアノ五重奏曲 イ長調「ます」:

 

弦楽器の素敵な音色に癒されるはずです。

 

他にも良い曲はたくさんありますので、youtubeなど動画サイトも活用して、「好き!」と思える曲を見つけてみましょう。

 

すべてyoutubeの検索で簡単に出てきますので、無料で視聴可能です。

 

他の人が良いと言ったものではなく、自分が素敵だと思える曲を見つけて聴きましょう。

 

ここでは有名な曲を中心に取り上げましたが、有名であるかどうかは全く関係ありません。

 

自分が素敵と思える曲を聴くことで心拍数が上がり、幸福を感じると脳内ホルモンも分泌されますので、お母さんと赤ちゃん両方への効果があります。

 

ディズニー、ジブリ、ジャズなど

胎教5
出典: http://www.amazon.co.jp

 

クラシック曲はどうしても好きなものが見つからない!そんな時もご安心ください。

 

必ずしもクラシックである必要はないのです。

 

親しみやすいディズニー、ジブリの曲などもおすすめです。聞いたことがある曲も多く、聴きやすいものが多いです。

 

胎教6
出典: http://www.amazon.co.jp

 

リズムがある曲が好き!という場合には、ジャズにもトライしてみると良いでしょう。

 

おすすめの曲

 

●ビル・エヴァンス  ワルツフォーデビー : お洒落な雰囲気を楽しむことができます。

 

いろんなジャンルの曲を聴いてみることも良いでしょう。

 

絵本を読み聞かせる

胎教7
出典: http://www.photo-ac.com

 

音楽を聴くだけが胎教ではありません。絵本を読み聞かせることもとても良いとされています。

 

大人が読んでも心に響く絵本もたくさんありますので、ぜひお気に入りのものを見つけ、赤ちゃんにも聞かせてだけでください。

 

ママの楽しそうな声は、どんな音楽よりも素晴らしい、一番の効果があるはずです。

 

おすすめの本

 

●ちいさなあなたへ アリスン・マギー

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

胎教は手軽にできることばかりです。

 

ちゃんとお母さんになれるのかな?赤ちゃんとコミュニケーションをとることで、そんな不安も少しずつ薄くなっていくはずです。

 

お母さんにとってもリラックスしたり、赤ちゃんと気持ちが繋がると良いことばかりです。

 

ぜひ試してみてください。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す