.

安全&充実な海外旅行に行くために!おすすめの国と裏テクニック

海外旅行1
出典: http://www.photo-ac.com

 

申し込みさえすれば誰でも行けるようになった海外旅行。

 

せっかく高額な旅行費を払っていくのですから、一緒に行く人にただ着いていくだけではなく、自分の力でより充実した旅行をしたいものです。

 

初めてでも可能な、充実な旅行にする為のちょっとしたテクニックやおすすめの国と併せてご紹介します。

 

スポンサーリンク
 

ホテル&飛行機つきプランがおすすめ

海外旅行2
出典: http://www.photo-ac.com

 

まずは手配の方法から。

 

インターネットを使えばごく簡単に申し込みができるようになりました。

 

旅行会社に出向かなくとも、自宅で自分で簡単にできるのです。

 

おすすめはホテル&飛行機を併せた、自由型のプラン。

 

多くの場合、飛行機と宿を別々に手配するよりもお得になり、かつ安全で信用できる、ある程度のランクの宿に宿泊できる確率が高くなります。

 

完全個人手配の場合、ある程度良い宿を取ろうとすると一気に値段が跳ね上がります。

 

旅行会社の契約マジックを利用すれば、安く、良い宿に泊まれるのです。

 

多少のお土産店巡りはつきものですが、現地で現地スタッフとうまく交渉することも可能です(※旅行会社の規定、時と場合によります)。

 

お土産は購入しなくてもOKですし、多少割高でも一気にお土産を購入できてしまうというメリットもあります。

 

空港からホテルまでの送迎、お土産店巡りを除いては、自分でスケジュールを組むことが可能です。

 

落ち着いてじっくり、訪れたい場所を楽しむ旅行にするには最適と言えます。

 

ツアーの落とし穴

 

旅行に慣れていないから完全ツアーに申し込みたいと考える場合も多いでしょう。

 

ただ、完全ツアーには思わぬ落とし穴がたくさんあります。

 

一見してたくさんのスポットに、訪れることができるように感じますが、スケジュールが詰まれば詰まるほど、一か所での滞在時間は少なくなります。

 

バスを降りて、10分写真をとってすぐ終了、という場合も少なくありません。

 

その場所に行った、という記念にはなりますが、中身の薄い旅になりがちでしょう。

 

食事をする際も、旅行会社が契約しているレストランのみ、メニューも決まっていることが多く、多くのツアー客とテーブルで合席をすることになります。

 

臨機応変、ゆったりとした気持ちで

 

自分で移動手段を考える必要はありますが、そこだけクリアすれば自由型旅行の方が、じっくりと楽しめるのです。

 

食事も個々に食べたいものを、食べたい場所でとることができますので、プライベート感のある旅になります。

 

行きたい場所を事前にあれこれ調べておくことも、旅の楽しみの一つとなり、一気に楽しみが倍増します。

 

時にはスケジュール通りに行かないこともありますが、予定通りに行かないこともまた、旅の楽しみの一つなのです。

 

あまりかっちりとスケジュールを組み過ぎず、その時の体調・気分次第で臨機応変に、現地で見て感じ、「してみたい、これ気になる!」と思ったことをするのが良いでしょう。

 

オプショナルツアーを利用

 

どうしても個人で行くのは大変な場所に行きたい!そんなときもご安心ください。

 

数多くの旅行会社ではオプショナルツアーがあります。

 

行きたい場所のみピンポイントでオプショナルツアーを活用すれば、ツアーのメリットをうまく活かしてスケジュールを組むことが可能です。

 

日本の旅行会社でも実施されていますし、現地のホテルなどにある、旅行会社をうまく利用することもできます。

 

現地のツアーは人数も少ないことが多く、一度試してみるのも良いでしょう。

 

おすすめの国

 

旅を楽しむためには、治安の良さ、旅のしやすさも重要です。

 

比較的旅のしやすい、おすすめの国をご紹介します。

 

ニュージーランド

海外旅行3
出典 : https://welove.expedia.co.jp

 

一番のおすすめはオセアニアにあるニュージーランド。初心者にも旅しやすい場所と言えるでしょう。

 

人々がフレンドリーで、治安もかなり良いです。英語も通じ、チップの習慣もありません。

 

都市にもよりますがアジア人もかなり多く、偏見等受けることが少ないです。

 

ヨーロッパ方面に比べ、そこが快適に旅行できるポイントとなります。

 

都市部もまとまっていて旅しやすい上、少し足を伸ばすと大自然も味わうことができます。

 

ニュージーランドは人より羊の数のほうが多いと言われるくらいのどかな国、ゆったりとした雰囲気も味わえるでしょう。

 

ただし、季節が日本と逆転します。

 

都市により冬季(6~8月)はかなり冷え込みます。夏季(12~2月)に旅するのがベストと言えます。

 

北島と南島での違いも顕著ですので、両方の島を巡るのも良いでしょう。

 

北島ではオークランドで都市を楽しめるほか、足を伸ばせば温泉地ロトルア、数々のビーチなども楽しめます。

 

南島ではヨーロッパ風の建物も多いクライストチャーチをはじめ、ミルフォードサウンドなど、大自然の絶景を味わうこともできます。

 

ホエール・ウォッチングのクルーズスポットもあります。

 

オーストラリア

海外旅行4
出典 : http://gensun.org

 

同じオセアニアのオーストラリアもお勧めです。

 

ニュージーランドと同じくかなり治安が良く、英語も通じ、原則チップの習慣もなく、快適な旅をすることができます。

 

一年を通じて温暖な気候の都市が多く、海や自然を楽しみたい場合には最適な国となります。

 

グレート・バリア・リーフなど、数々の絶景を味わうことができます。

 

更にリゾート気分を味わいたい場合は、ニューカレドニアも人気のスポットです。

 

アメリカ西海岸

海外旅行5
出典: https://www.tripadvisor.jp

 

一年を通じて温暖なアメリカ西海岸。雨もほとんど降らず、旅行するのにぴったりな気候と言えます。

 

西海岸の都市は街も自然も合わせて楽しめ、それぞれの街に魅力がいっぱいです。

 

中でもおすすめはサン・フランシスコ。

 

路面電車やパステルカラーの色とりどりの住宅など、非日常な雰囲気を楽しむことができます。

 

ゴールデンゲートブリッジなど、観光スポットも多数です。買い物や食事の楽しみもありますので、女性に人気です。

 

ただ、アメリカ全般に言えることですが、若干の治安への注意は必要となってきます。

 

イギリス

海外旅行6
出典 : http://www.cntraveller.com

 

ヨーロッパの雰囲気を味わいたい!そんなときはイギリスもおすすめです。

 

ヨーロッパならではの建物、教会や美術館などの文化施設も、存分に楽しめます。

 

ベストシーズンは7・8月の夏休み期間と言えます。冬季は日照時間もかなり短くなります。

 

ロンドン等の都市部が旅しやすいですが、湖水地方や田舎町も根強い人気があります。

 

コッツウォルズなどの田舎町では、まるで絵本の世界を切り抜いたような風景が楽しめます。

 

イタリア

海外旅行7
出典 : https://www.flickr.com

 

英語圏ではないですが、多くの観光客が訪れるイタリアも一押しの国です。

 

食べ物が大変美味しく、日本人の口にも合うものが多いです。

 

ローマ、フィレンツェ、ミラノ、ヴェネチアなど、数えきれないほどの世界遺産があります。

 

スケジュールを立てるのには困らないでしょう。

 

中でもお勧めはヴェネチア。イタリアに行ったら必ず足を伸ばしておきたい場所といえます。

 

古都と運河で成り立つ街、夢のような世界、一度訪れたら忘れることはできないでしょう。

 

ただし、イタリアはひったくりの多い国でもあります。荷物には最新の注意を払いつつ、旅を楽しみましょう。

 

韓国

海外旅行8
出典 : http://matome.naver.jp

 

近場韓国も旅行には大変おすすめです。

 

欧米諸国に比べ、大変治安が良く、言葉の違いを除けば日本とあまり変わらない感覚で旅できるでしょう。

 

美味しい食べ物と、ショッピングや美容関係などから、女性に人気の国です。

 

ソウルでは、明洞(ミョンドン)エリアが便利さから根強い人気を保っています。

 

グルメや買い物だけでなく、足を伸ばすと冬のソナタのロケ地としても有名な南怡島(ナミソム)などもあり、大変美しい自然と風景を楽しむ事もできます。

 

ただし、冬季(12~2月)は零下となる冷え込みがありますので、防寒対策をしっかりとする必要があるでしょう。

 

個人旅行におすすめできない国

 

人気はあるものの、個人旅行の際にあまりおすすめできない国もあります。

 

一概には言えませんが、その一部をご紹介します。

 

●東欧圏 :

 

未だアジア人への差別が激しく、個人旅行は避けるのが無難です。他ヨーロッパのあまり観光客が訪れない地域も、同様のことが言えます。

 

●インド :

 

文化的魅力があり訪れたいという人も多いようですが、おすすめはできません。危険です。

 

●トルコ :

 

イスタンブールなど、観光地としては魅力的ですが、日本人、特に日本人女性は狙われやすいのでかなり危険です。

 

●スペイン :

 

ひったくりの被害がかなり多いです。注意していても被害にあうことが多いので、上級者向きの国と言えます。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

国・都市の情報をしっかり調べたうえでの準備をすれば、気ままで自由・かつ安全な個人旅行も夢ではありません。

 

楽しみながら計画をたて、充実旅行を目指しましょう。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す