.

スティックPCとは一体どんなの?手のひらサイズの賢いヤツ!

0
http://www.mouse-jp.co.jp

 

最近スティックPCという単語がPC市場でちらほら見られるようになってきました。

 

一体何がスティックなのか、普通のPCとは何が違うのかを紹介します。

 

PCとTVの垣根がなくなるとこんなに便利に。PCはついにポケットに入れて持ち歩く時代に?!

 

今までは一部の人しか知らなかったスティックPCですが、今年は今までにも増して激アツです!

 

スティックPCとは

1
http://www.intel.co.jp

 

手のひらサイズの筐体にPCの機能を持つ端末です。価格は1〜3万円程度とPCとしては驚きの安さ!

 

モニタとの接続は本体から出ているHDMIで行います。本体にはUSBとSDカードのインタフェースを備え、無線LANが利用できます。

 

そのため手持ちのTVにHDMIポートがあればTVの大画面をPCモニタとして利用できます。

 

最近のTVはネットに繋いで動画を閲覧したり、オンデマンド対応だったりしますが、やはり動作はイマイチ…パソコンと接続しても設定が面倒だったり、ケーブルが邪魔になったりとなかなかハードルが高めでした。そこをスッキリ解決してくれます!

 

例えばこんな使い方

2
http://www.mouse-jp.co.jp

家のTVの大画面で動画サイトをサクサク閲覧
監視カメラに接続してお手軽見守りカメラ
移動や出張の時にも最小限の荷物で移動
プロジェクターに直接挿してプレゼン

 

小ささを生かし、移動の際に活用したり、本来ネット接続が出来ない端末に挿してスマート家電化したりが主な用途になることが多そうです。

 

HDMI端子があれば接続できるので、アイデア次第で様々な用途に利用できます!

 

値段の差はどこで生まれる?

3
https://www.pakutaso.com

 

内蔵ストレージの容量が大きい64GBモデルや、OSがWindows8.1かWindows10か、Officeがインストールされているか、ファンが付属するかどうか等で価格差が出るようです。

 

ただ、通常のPCよりは性能差はなく、多少の手間でなんとかなる部分が多いので安価なモデルでもライトユースの場合は問題ないのではないのでしょうか。

 

安価なエントリーモデルを快適に

6
http://www.asus.com/jp

 

1万円台のスティックPCをより快適にするための小ワザです。

 

ストレージ容量をサクッと拡大!

 

microSDカードにデータを保存できます。最近はmicroSDカードも大容量なものが超低価格で売られているので、外付けHDDが必要なほどの大容量データを必要なとしなければ、充分快適に使えるはずです。

 

Windowsをアップグレード!

 

アップグレードにかかる時間はだいたい1時間程度。買ってすぐ行なうならまっさらな状態なので、今まで使っていたソフトがアップグレード後使えない、ドライバの入れ直し等の手間も最小限に抑えられます。

 

スマホをマウス&キーボードに!

 

だいたいのスティックPCの場合、初期設定だけはUSBのマウス、キーボードで行わなければいけませんが、設定後はBluetoothの機器が利用できるようになります。

 

AndroidのアプリでWindowsのマウス、キーボードとしてスマートフォンが使えるようにできるものがあるので最小限の機器だけで利用できます。

 

買う前にここをチェック!

7
https://model.foto.ne.jp

コンセントの位置

 

スティックPC付属のACアダプタで充電しながら利用する為、コンセントの位置を確認しましょう。

 

USBポート数

 

USBポートの数も確認しておきましょう。初期設定の時、マウスとキーボードを同時に接続すると2ポート必要です。1ポートしかない場合、必要に応じでUSBハブなどでポート増設が必要です。

 

設置場所

 

TVに接続する場合、壁との距離や周りの隙間を見て熱がこもらないか確認しましょう。エントリーモデルだとファンがないタイプも多いので熱暴走にならない程度の隙間が必要です。

 

迷う前に・・・いっそ気軽に買ってしまいますか?!

5
http://www.mouse-jp.co.jp

 

ひと昔前、PCは一度買えばしばらく使う、買い換えるのも勇気がいる価格でした。今でも普通のPCだと1万円程度の価格帯だと型落ちの中古などしか買えません。

 

PCを買うほどではないけど、たまにPCがあればいいなと感じるあなた!スティックPCも選択肢の中に入れてみてはいかかでしょうか?小さな見た目に反し、できることの可能性は無限大です!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す