.

PL配合顆粒とは?副作用や注意点をわかりやすく

2015-04-27_110831

 

PL配合顆粒は、非ピリン系の医療用総合感冒薬。つまり、病院で処方される風邪薬です。薬には、副作用や注意点が必ずあります。

 

風邪薬であるPL配合顆粒は、誰にでも処方される可能性がある薬。副作用や注意点について、ぜひ知っておいてもらいたいと思いますので、わかりやすくお伝えしますね。

 

スポンサーリンク
 

効能と副作用

2015-04-27_111018
出典:yoneshio.blog16.fc2.com

 

PL配合顆粒は、解熱鎮痛薬や抗ヒスタミン薬などの4つの有効成分が含まれています。これにより、発熱、頭痛・関節痛、筋肉や喉の痛み、鼻水や鼻づまりといった、風邪の症状の改善に効果があります。

 

副作用としては、眠気や口の渇き、胃腸障害、過呼吸や発疹が見られることがあります。まれにアナフィラキシー様症状や中毒性表皮壊死融解症、再生不良性貧血などが引き起こされる危険もあります。このような危険な副作用には、下記のような初期症状が現れます。

・アナフィラキシー様症状の初期症状:息苦しさ、目・口唇付近のはれ、蕁麻疹

・中毒性表皮壊死融解症の初期症状:高熱、水ぶくれ、目・口など粘膜のただれ、全身の発赤

・再生不良性貧血の初期症状:動悸・息切れ、発熱、喉の痛み、歯茎からの出血

これらの症状が見られたら、すぐに服用を中止して、医師・薬剤師に相談しましょう。また、ここに挙げているのは、副作用のごく一部です。ほかにも気になる症状が出た場合には、医療機関を受診することをおすすめします。

 

服用に際しての注意点

 

生活上の注意点としては、眠気を引き起こす薬ですので、車の運転や危険を伴う機械の操作などは避けてください。アルコールも、薬の副作用を強めることがありますから、薬の服用中は控えたほうが良いでしょう。なお、次のような方は、服用前に担当医と薬剤師に必ず伝えるようにしてくださいね。

・以前に、薬の服用により、かゆみや発疹などのアレルギー症状が出た方

・胃潰瘍や十二指腸潰瘍、アスピリン喘息の既往歴、緑内障、前立腺肥大など尿路の閉塞性疾患、肝障害がある方

・妊娠または授乳中の方

・ほかに服用している薬やサプリメントがある方

用法・用量

 

成人の場合、通常1回1gを1日4回服用します。疾患の種類、年齢や症状によって多少増減される場合もありますので、担当医の指示に従って服用するようにしてくださいね。

 

飲み忘れた場合は、気がついた時点ですぐに飲んでいただければ良いですが、次の服用時間が近い場合は、1回飛ばすようにします。2回分を一度に飲むようなことは、絶対にしてはいけません。もし、誤って多く飲んでしまったという時は、すぐに医師や薬剤師に相談しましょう。

 

また、症状がおさまったなどの理由があっても、自分の判断で服用を中止してはいけません。

 

メイラックスの効果や副作用や離脱症状や眠気について

風邪薬で副作用で死亡?市販薬がやばい!商品名は?

ロキソニンの効能時間や副作用は?徹底リサーチ!

 

スポンサーリンク

コメントを残す