.

最新ハンディカムランキング!2016年のイベントもこれで決まり!

0

 

入学式等、イベントが増える春先。家族の大事な思い出や、友達との思い出を残すならやっぱり動画。ハンディカムの最新ランキグです!

 

小さいながらも便利な機能が盛り沢山。1台あれば年間通していろいろなシーンの思い出を残せます。

 

機種ごとにそれぞれ特徴があるので撮りたいシーンに応じてお気に入りの1台を見つけてみてください。

 

 

1位 パナソニック・HC-V360M

1
http://kakaku.com

 

画素数:251万画素 重さ:213g 撮影時間:125分 内蔵メモリ:16GB

 

フルハイビジョン、220万画素で125分録画が可能。手ブレ補正も付いているモデルで213gと超軽量。光学で50倍、インテリジェントオートズームは90倍の高倍率で撮影ができます。遠くにいる被写体も驚くほどキレイ。

 

カメラ本体が傾いていても、撮影中の映像を自動で水平にしてくれる「傾き補正」を搭載。腕を上げたり話したりしていても三脚で撮ったような映像が撮影できます。

 

2位 ソニー・HDR-CX670

2
http://www.sony.jp

 

画素数:251万画素 重さ:305g 撮影時間:150分 内蔵メモリ:32GB

 

光学系全体の配置・バランスを、空間に浮いているかのように保つ「空間光学手ブレ補正」を採用しています。ワイドでもズームでもブレにくいので動きの多いレジャーや運動会等でも大活躍。

 

撮影中の動画をリアルタイムでUSTREAMに配信できる「ライブストリーミング」に対応しているので、離れたところにいる家族にも臨場感たっぷりで共有できます。

 

3位 パナソニック・HC-W570M

3
http://panasonic.jp

 

画素数:251万画素 重さ:268g 撮影時間:135分 内蔵メモリ:32GB

 

この機種の特徴はなんといっても「ワイプ撮り」ができるところ。スマホで撮影している映像と実際にカメラで撮影している映像を組み合わせたり、撮影している人と対象を組み合わせたりと様々な使い方ができます。

 

別売のリモートパンチルターを使えば自動録画をしてくれるので、定点カメラや見守りカメラとしても使えます。

 

4位 ソニー・FDR-AX55

4
http://kakaku.com

 

画素数:857万画素 重さ:535g 撮影時間:150分 内蔵メモリ:64GB

 

NFC通信機能を本体に搭載し、スマホなどとらくらく連携。撮ったあとすぐにスマホから確認もできちゃいます。180シーンを見分けて自動的に最適な映像が録画できるようにカメラ側で設定されます。

 

顔だけではなく体全体にピントを合わせ続けるロックオンオートフォーカス機能があるので動いている対象も常にキレイ。撮ることにこだわった高画質モデルです。

 

5位 JVC・Everio GZ-F100

5l
http://www3.jvckenwood.com

 

画素数:251万画素 重さ:286g 撮影時間:310分 内蔵メモリ:32GB

 

ズーム撮影に連動する「内蔵ズームマイク」を搭載。離れた被写体の音声を、よりクリアに記録することができます。

 

また、音声信号の圧縮時に欠落した情報を再生時に復元し、原音に極めて忠実な高音質再生を行い、DVDなどに焼いた時もより臨場感のある映像が楽しめます。耐衝撃・耐低温なのでスキーなどのスポーツの時も安心です。

 

6位 JVC・Everio R GZ-RX600

6
http://www3.jvckenwood.com

 

画素数251:万画素 重さ:295g 撮影時間:290分 内蔵メモリ:64GB

 

Wi-Fiで映像とアプリを連動し、スポーツのスコアをリアルタイムで記録できます。防水、防塵、耐衝撃なのでスポーツやアウトドアシーンでも安心。圧感式タッチパネル搭載なのでグローブをしたままでも画面の操作が行えます。

 

ワンタッチで即スロー再生ができたり、タイムカウンターがついていたり、撮影と録画を自動で繰り返すフォームチェックが行えるモードがあったりと他のカメラにはない機能が盛り沢山です。

 

他のメーカにはない珍しいカラーバリエーションもオススメポイント。

 

いかがでしたか?

 

各機種それぞれ得意な分野や特徴があって面白いですね。ハイビジョン撮影ができる機種も比較的値段が安くなり、手が届きやすくなりました。

 

Wi-Fi経由でスマホなどとリンクできる機種も多いので、撮影するだけではなく、見たり共有したり編集したりとビデオカメラでできることの幅も広がりました。

 

今までは写真で十分だと思っていたあなたも、この機会に是非ハンディカムデビューしてみてはいかがでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す